Subscribe Twitter

2011年1月18日火曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉昨日、ネット上で、「ディスク容量3GB!クラウド型の無料オンラインストレージ『ドライビー』開始のお知らせ」を見つけたので、さっそく試してみた。




昨日(1月17日)、ネット上で、「ディスク容量3GB!クラウド型の無料オンラインストレージ『ドライビー』開始のお知らせ」を見つけたので、さっそく試してみた。

運営会社は、レンタルサーバーの株式会社ベット。

無料会員登録、サポートは以下から。
クラウド型の無料オンラインストレージ ドライビー:http://www.drivee.jp/private/


  • 無料のストレージ容量は 3GB
  • どこからもアクセス可能!
    ネット上のマイフォルダー
  • iPhoneなどでも利用可能
  • webDAV接続で操作も簡単
というふれこみ(一部表記略)だった。
結論から先に言うと、ふれこみに偽りはなかった。

MacのSafariで会員登録して、専用ツールにログイン。

web上のファイルマネージャからも操作できる。新しくフォルダを作ったが、日本語名もOKだった。 5点同時にファイルをアップできるので、5点画像をあっぷしてみたところ失敗。サイズ的にダメなのかと思い、1点ずつアップしてみることに。100k未満と900k近い画像を試してみたらOKだった。どうもアップするファイル名(画像)に日本語を使ったものはダメなよう(数回試しただけだが)。

次にMac OS10.4webDAVから接続。
アップルメニューの[移動]をプルダウン、[サーバに移動…][サーバに移動]ウィンドウが開く。「サーバアドレス:」の欄に「https://(ドライビーID).drivee.jp/ と入力し、「接続」をクリック。
WebDAVファイルシステムの認証」ウィンドウが表示されるので、登録のとき設定したIDとパスワードを入力して[OK]をクリック。無事接続してrootのフォルダが開いた。

ファイルマネージャから作った写真用フォルだが存在する。ここに写真をドラッグアンドドロップで追加。日本語名ファイルも問題なくアップできた。時間もかからない。Macからのサーバー接続に慣れている人はこちらが便利。ただしMacを使っていていつもお騒がせな.DS_Store(MacのFinderが使うアイコン位置、コメント格納などの情報ファイル。Windows側からはただのゴミ)も入ってしまう。

次にiPod touchから接続してみた。
SafariからURLを打ち込み、トップページに接続、ログインページへ
しかし、ID、パスワードが通らない。
http://www.drivee.jp/とだけ打ち込んだため、http://www.drivee.jp/index.phpへ進み、そこからログインページへ進んでいた。打ち込むURLは、http://www.drivee.jp/private/でなければいけなかった。
こちらから進めばsslのかかったhttps://secure.drivee.ne.jp/private/member/の「管理ツールログイン」へ。ID、パスワードを入力して、無事にログイン成功。

次にiPod touchからWebDAVで接続、こちらも問題無し。

次にWindows Vistaから同様に接続、同じく問題無し。

今まで、1MB以下の軽めの画像、テキスト、PDFdocなどは、同様のオンラインストレージのZumoDriveの無料プランを多用していた。しかしこちらはサービススペースを含めて2GBとちょっと。だいぶファイルを詰め込んだので、残りが900MBと心もとなくなってきていた。
そこへ無料の3GBはありがたい。使い勝っても悪くないし、これからは、ドライビーにファイルを振り分け、おおいに利用させていただくことにする。

Related Post:


0 コメント: