Subscribe Twitter

2010年12月31日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉Googleのロゴがもう既に2011になっているという話。



Googleのロゴがもう既に2011になっているという話。


「GMMXLIE」と描かれたイラストのロゴ、これの金色部分は、「MMXLI」。

「MMXLI」を検索してみたら、もっとも正しそうな推測を発見。

以下、http://plaza.rakuten.co.jp/gmmxle0gmmxie/ から引用させていただいた内容。

これがローマ数字での年号らしい…

Mが1000

Xが10

Iが1なので、

M+M+X+I =1000+1000+10+1 =2011
ということらしい…
…ちなみにロゴをポインタでやると「大晦日」って出るんですよね!

確かに「大晦日」が出る。


このエントリーをはてなブックマークに追加

◉パイナップルのタンパク質分解酵素が本当に肉を柔らかくするかどうか牛の肩ロースのステーキ用肉で試してみた。



牛の肩ロースのステーキ用が安かったのでしこたま買い込んでしまった。しかし普通に焼くと硬くなってとても歯が立たない。そこで、パイナップルと一緒に赤ワインで一晩漬け込んでみた。

パイナップルは1個丸ごとは量が多すぎるし、さばくのも面倒なので、カットしたものをスーパーで買ってきた。

塩コショウして少しの間なじませた2枚の肉を、タッパーウェア状の長方形のプラスチック容器に並べ、カットパイナップルを更にスライスして肉にのせ、赤ワインを肉が隠れるくらいに注いで一晩寝かせた。

フライパンを熱している間に、プラスチック容器から肉を取り出すと、もうすでに形が崩れそうなくらい柔らかい。

期待に胸をおどらせつつ、肉をフライパンへ。強火で両面をじっくり焼いて、漬け込んだワインを大さじ3杯くらい加え、味付けにに醤油を大さじ2/3くらい加えた。

汁が半分くらいに煮詰まったところででき上がり。

さっそく試食、とろとろに柔らかい。安物のサーロインステーキ用より格段にうまい。期待どおり。
パイナップルのタンパク質分解酵素が肉を柔らかくする、というのは前から聞いていたが、試すのは初めて、結果は大成功!

昔、友人たちと短期の請負のバイトをしたとき、バイト料がまとめて支払われた。それぞれのメンバーたちの役割分担や関わった時間もまちまちなので、バイト料の分配に窮した。そんなときあるメンバーの発案で、バイト料は分配せず、そのお金を全て使って、全員でちょっと豪華な食事をすることになった。

話が長くなったが、そのとき食べたボルドー風ステーキというのがとろとろに柔らかかった。ワイン味の中にワインとは違った酸味があったので、おそらく今回のようにパイナップルを使ったものと思われる。

今回のステーキに文字通り味をしめて、次は牛のすね肉の赤ワイン煮に挑戦してみることにする。


追記:パイナップルの酵素は熱に弱いので、熱処理された缶詰のパイナップルではこの効果は望めないらしい。

2010年12月28日火曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉リンク先の安全性について、アクセスする前に調査してくれるaguseポップアップツールを試してみた。

リンク先の安全性について、アクセスする前に調査してくれるaguseポップアップツールを試してみた。

リンクが貼ってあるテキスト、画像にマウスポインターを持っていくと、ポップアップツールが開いて、そのリンク先のキャプチャー画像をサムネール風に表示して、フィッシングとマルウェアが仕掛けられていないかを判定してくれる。◯が出ればOK

国旗、サイトドメインにマウスポインターを持っていくと詳細を表示、さらにキャプチャー画像や国旗、サイトドメイン、クリックすると、www.aguse.jpに飛んで、リンク先の詳細な調査結果を表示してくれる。

このツールを導入すると、ブラウザ下部のステータスバー右端に◯にaの字のアイコンが表示され、このアイコンをクリックしてポップアップツールのON/OFFを切り替えることができる。アイコンの色が青色ならポップアップがON、グレーだとOFF

現在の対応環境は、Windows Firefox3.0以降とIE8Firefoxは拡張機能、IE8はアクセラレータとして動作)。試しにMacFirefox3.6に入れてみたが、やはり機能しない。

ちなみに、www.aguse.jpのトップのweb詳細調査は、Windows : Firefox 3.0以降, Internet Explorer 6以降、Linux Firefox 3.0以降が推奨されている。こちらもMac Safariで試してみたところ、こちらはほぼ使える様子。

いずれもJavaScriptCookieを有効にしていることが必須。

aguseポップアップツールのダウンロード:http://www.aguse.jp/install_popup.php

2010年12月24日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉Googleのロゴがクリスマス仕様になっているが、とてもGoogleとは読めない…とういうか認識不能!


Googleのロゴがクリスマス仕様になっているが、とてもGoogleとは読めないとういうか認識不能!

一つずつ書き出すのは面倒なので、Yahoo!ニュースを利用させていただくと、「聖ヴァシリー教会」「アクロポリス」「ブッシュ ノエル」「富士山」「万里の長城」「ピェロギ」「インドのダンス」「サハラ砂漠」「ウード」「チリペッパー」「シドニー ハーバー」「ベニスのゴンドラ」「ネパール」「チリのヴィンヤード」「カンガ」「ロンドンの空」「モロッコ製ランプ」という17個のイメージでロゴが形成されている。

クリスマス仕様になっているGoogleのロゴ
それぞれのイメージはオンマウスすると、広がり、一つのイメージの全体像が見えるようになっていて、クリックするとその名称の検索結果ページが開く仕掛けになっている。


なぜこの17カ所なのかも不明。検索結果のトップヒットのページになにかメッセージがと思ってすべて見てみたが、一定の法則も無くまちまち。しかもなぜ写真でなくイラストなのかも疑問。

多くの人が同様に感じたようで、あちこちから疑問の声、不満の声が聞こえてくる。まさか楽屋オチではないでしょうね。

2010年12月22日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ちょっと気のきいたフォトギャラリーページを作成できるフリーソフト「Visual LightBox」を使ってみた。


ちょっと気のきいたフォトギャラリーページを作成できるフリーソフト「Visual LightBox」を使ってみた。

Lightbox風のフォトギャラリーページが簡単にできるらしい。
参考にしたGigazineによると、LightBoxとは、「一度開くと閉じるまで他の操作をできなくするタイプのダイアログボックス『モーダル・ダイアログ』を使って大きいイメージを表示するためのJavaScriptアプリケーション」となっている。

Windows版とMac版が用意されている。今回はフォルダをドロップするだけで作成できるということなので、ドラッグドロップがより容易なMac版を利用してみた。

Visual LightBoxのサイト:http://visuallightbox.com/

上からMac版をダウンロード、MacOS10.4.11にインストールしてみた。
再起動することなく、直ぐに利用可能。準備として表示させる写真や画像をフォルダにまとめておく。

ソフトを起動すると、ブラウザのような窓が開く。最初はメニューなどが英文のままなので、とりあえず日本語に。[Options][Language]から[Japanese]を選択。

次に用意しておいたフォルダを窓にドラッグ&ドロップ。+マークの[画像追加]ボタンから1つずつ画像を選んで追加していくことも可能。FlickrPicasaからも追加できる。
ドロップすると、すぐに写真のサムネールが作成され、ずらーっと並ぶ。ここで不要な写真がある場合は、そのサムネールを選択して、マイナスマークの削除ボタンで削除しておく。また、サムネールを選択すると、下に入力窓が開くので、1点ずつキャプションを入力。

さらに歯車マークの[プロパティ]ボタンで、ギャラリーの名前とか、スライドショーの設定をおこなう。
javascriptのギャラリータイプはjQueryPrototype+script.aculo.usを選択できる。
キャプションや[プロパティ]の設定は省略してもギャラリー作成は可能。

後は、[発行]ボタンを押すだけ。
ローカル側のフォルダやFTPで直接サーバーに保存できる。今回はフォルダに保存した。
保存したファイルの内容は、index.htmlcssjavascriptなどが入ったengineフォルダ、写真データ等が入ったdataフォルダ。

こうして作成したフォトギャラリーのサンプル:http://stluke7.web.fc2.com/gallery01/index.html
(外部の私のファイル置き場サイト、余計な携帯変換用のバーコードが出ますが、閉じてください)

簡単に気のきいたフォトギャラリーを作りたい人は重宝するに違いないと感じたソフト。


2010年12月20日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ネットで紹介されていたAdobe AIR アプリのTwitterクライアント「Lazyscope」を試してみた。


ネットで紹介されていたAdobe AIR アプリのTwitterクライアント「Lazyscope」を試してみた。

前に、短縮URLのリンク先が安全かどうか事前にチェックしてくれる「Know URL」を紹介したが、いちいちこのサイトにアクセスしてチェックするのが面倒という方もいると思う。

それに対してこちらはAIR アプリなので、起動すれば、短縮に限らずURLが含まれていれば、各ツイートの下にプレビュー表示してくれる。そのURLを見てみたければ、ブラウザもついているので簡単にアクセスできる。

問題点
動作が軽いはずのAIR アプリだが、ややもたもたする。一度終了して、アクセス監視ソフトを事前に立ち上げておいて、再度起動してみた。起動したとたん幾つかのLazyscopeTwitter apiAIRなどのサイトにアクセスし、その後も流れるTLURLにすべて事前にアクセスしようとする。プレビュー表示のため仕方ないが、わずか数秒間に数十カ所は多すぎる。こんなにアクセスしていたらもたもたするのもうなずける。

各ツイートのアイコン表示も遅れる。各IDの表示位置などレイアウトも公式やつっぷるに慣れてる私にはとても見にくい。しかも一部文字化けも生じる。

結論
このアプリは却下! とても人にお勧めできない。なので「Lazyscope」ダウンロードURLも割愛。

2010年12月17日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉「秋葉原は、あきばっぱらつうんだよ」と昔聞かされた。

幼い頃品川に住んでいて、古老から秋葉原について聞かされた。
「あきはばらなんていうんじゃねえよ。あそこら辺は、昔、秋葉(あきば)様の原っぱだったんで、あきばっぱらつうんだよ」と。

今若い人も含めて、秋葉原を略して、あきばと呼ぶ。なんだか元にもどった感じ。

ちなみに秋葉様とは、秋葉神社(明治時代に勘定された時は鎮火社、後に秋葉社、更に移転後に秋葉神社と改名)のことで、もともと、今の秋葉原駅付近にあったものが、昭和初期に東京都台東区松が谷三丁目に移転している。

跡地にできた駅に名をつける際、下町弁を考慮せず「あきはばら」となったらしい。

右の地図のマーカーは、上が現在の秋葉神社。
下が、元の秋葉神社の位置、現在のJR秋葉原駅構内。
この2点間を道なりに歩くと、最短で2.8km、34分かかる(Googlemapsのルートで)。

追記:
左は、現在の秋葉神社の鳥居。
地方によっては「あきはじんじゃ」とも読まれるらしい。本宮は秋葉山本宮秋葉神社(静岡県浜松市天竜区春野町)

2010年12月16日木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉webブラウザの「Opera 11」正式版が公開されたので、早速Mac版をダウンロードして試してみた。


16日、Opera Softwareが、ウェブブラウザー「Opera 11」の正式版を公開したので、早速Mac版をダウンロードして試してみた。Mac OS 10.4でダウンロードしたが、問題なく動く。Mac OS 10.4に対応しているソフトが少なくなってきた昨今、これは有り難い。他にWindows版、Linux版が公開されていて、無料でダウンロードできる。

見た目はちょっとChromeに似ている。ブラジングは軽快。使い心地は悪くない。

☆新機能☆
・タブスタッキング機能:
タブを他のタブにドラッグすることでタブのグループを作成できる。
・より安全なアドレス欄:
複雑で長いウェブアドレスは非表示、セキュリティ情報も表示され、ブラウジングが安全に行える。
・ビジュアル マウスジェスチャー:
マウスを素早く動かすことで、ブラウザの一般的な動作を実行させることができる。マウスの右ボタンを長押で、利用可能なジェスチャーをどのように実行したらよいかを示すガイドが表示される。
・エクステンション:
Opera の機能拡張カタログから Opera の機能を拡張可能。
・検索候補表示:
タイプした文字に合わせて検索語句の候補が表示される。Googleのサジェッションと同じ。

今まで使ったことが無かったが、タブにページのサムネイルを表示するビジュアルタブが面白い。マウスジェスチャーも話では良く聞いていたが今回初めて試してみて、マウス派の人には使える機能だとよく分かった。

ちょっと残念なのは、Operaのサイトのアドオンの内容、Operaブラウザのエクステンションのアイテムの説明などが、英文のままになっていること。日本語訳を付けてもらわないと分かりづらい。今後に期待。

Opera 11のダウンロードページ:
http://www.opera.com/

追記:
「Opera 11」の正式版は、Webページのコンテンツでユーザーをだますようなセキュリティ情報を表示できてしまうなど、複数の深刻なセキュリティ問題も修正されているらしい。

2010年12月13日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉パンダのマークで有名なWWFが、プリントできないPDF、拡張子.wwfのドキュメントファイル形式を出しているので、試してみた。



パンダのマークで有名なWWF(World Wide Fund for Nature・世界自然保護基金)が、プリントできないPDF、拡張子.wwfのドキュメントファイル形式を出しているので、試してみた。

世の中のデジタル化が進むと紙の消費が減り、それが森林の保護につながるはずだった。しかし、一向に減らないどころか、オフィスなどでは、PDFをがんがんプリントして、むしろ増えているのが現状。それに業を煮やしたのかどうかは知らないが、国際的NGOであるWWFがプリントできないPDF(正確には、PDFと言えるのかは知らないが)の形式を出してきた。

ダウンロードサイトを見ると、フリーでMac OS 10.4以上となっている。Windows版はもう少し後になるらしい。OSベースで簡単にPDF作成ができるMacユーザーを先にターゲットにしたなどと想像してみる。

ページタイトルが「Save as WWF, Save A Tree」というスローガンになっている
ダウンロードサイト:http://www.saveaswwf.com/en/

ここからインストーラーをダウンロードしてインストール。
試しに文書を作成してみた。

テキストエディットで文書を作り、メニューの[ファイル]プルダウン→[プリント]を選ぶ。開いた保存ダイアログから[PDF]をプルダウン→[SAVE AS WWF]を選ぶ。

こうして作成した文書のアイコンが右上画像のtest.wwf
なぜか、PDFを扱える「プレビュー」では開けない。「Acrobat」や、PDFファイルに付箋紙貼付けできるソフト「Skim」などでは開くことが可能。また、Windows Vistaのアドビリーダーアドオンを入れたIE8にドロップして見ることもできた。

これを使うことで、どれだけ木を守ることができるのか疑問だが、プリント制限をかけたPDFを作成する場合は、こちらのほうが簡単かもしれない。しかし、業務で使う際は、.wwfが周知されるまで、プリントできるPDFを要求されたりするなどの二度手間やトラブルを覚悟しておく必要がありそう。

なお、Skimなどで開くと、1ページ余計に付加されていて、「これは、WWF文書でプリントできない(筆者訳)」旨が英語をはじめ4カ国語で書かれている。

2010年12月12日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉短縮URLのリンク先が安全かどうか事前にチェックしてくれる
「Know URL」を試してみた。


短縮URLのリンク先が安全かどうか事前にチェックしてくれる「Know URL」を試してみた。

Know URL」は、短縮URLを、もとになったオリジナルのURLに戻して表示してくれるwebサービスを提供してくれる。

長いURLを少ない文字数におさめるために考案された短縮URLは、もとになっているURLが見えないので、どこに飛ばされるか分からない不安がある。悪意を持ったURLを偽装されてもわからないし、最近話題にあがった短縮URLのウィルス感染例の報告もある。

このwebサービスはそんな不安をいくらか解消してくれる。全ての短縮URLを疑っていてはきりがないが、あやしいと感じたときの手助けに覚えていて損は無い。

使い方はいたってシンプル。テキスト入力フィールドに短縮URLをコピーペーストで入力して「Show URL」ボタンを押すだけ。

少し待つと、入力フィールドの下方に、オリジナルのURLを表示してくれる。その下に、赤字で「Visit link」と「Virus scan link」も現れる。
・「Visit link」を押すと、そのままオリジナルのURLへ移動。
・「Virus scan link」を押すと、Googleが提供しているセーフブラウジングのページに飛んで、そのリンクの安全性を過去 90 日間さかのぼって簡易に評価してくれる。

ちなみにテストした短縮URLはこのブログのホーム、結果は

ipodtouchmtb.blogspot.com の現在のステータス
現在のところ、このサイトは疑わしくないと認識されています。」

このほか、Google による巡回テスト状況有害な不正ソフトの感染を広げる媒介をしていたかどうか不正なソフトウェアをホストしていたかどうか を評価してくれる。

Show URL」:http://knowurl.com/

このサービスの参考紹介記事

また、短縮URLと無関係に直接Googleのセーフブラウジングを利用したい場合は、以下のようなURL
?site=の後に調べたいURLを入れる。
http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=http://ipodtouchmtb.blogspot.com/

2010年12月11日土曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉せっかちで小心者の思いこみ・その1

先日の訪問先、主要駅からクルマで25分、支線に乗り継いで次の駅ならすぐ近くなので5分と聞いた。5分のほうを選び、駅から歩いたが、歩けど歩けど目的の建物が見えない。15分ほどでやっと遠めに発見。すぐ近くという言葉から徒歩でと思いこんだ私のミス。
(BrogWriterで投稿)
このエントリーをはてなブックマークに追加

◉今日は箱の中から二個目の林檎を発見することになった

前の作業場は中央区にあった。その直ぐそばにコンビニがあって、便利というか他に近い店がなかったというか、とにかく毎日のようにここを利用してた。


しかし、このコンビニ、一部を除いて店員がちょっと普通ではないことに気づくのにそれほど時間はかからなかった。

  • つりを間違える。310円のはずが、260円だったり。440円が390円になったり。100円玉が一つ50円玉に化ける感じ。
  • レジ打で商品がダブルで入力される。普通にバーコードをスキャナーで読み取っているはずだが、レシートを見ると同じ商品が2つずつ並んでいる。
  • 千円札に端数の小銭を足して出すと、計算できなかったり。
  • 商品の登録ミスで、パンを手に持っているのに、ディスプレイの表示をそのまま読み上げ「○○お弁当398円」とそのままレジ袋に入れそうになる。
  • 客が長く並びだしているのに、レジ応援せず、並んだ客の足下付近をモップで清掃に励む。

などなど。


でも作業場が移転して、このコンビニとは縁が切れた。


最近になって、家の近くにも同じ系列店があることに気づいた。まさかここも…、いやいや偏見はいけない。たった一個の林檎を見て、箱の中の林檎全て同じととらえてはいけないと自分に言い聞かせ、今日入ってみることにした。


店の中を見て回っているうちに、買い置きしたい商品を思い出した。が、商品名もメーカー名も覚えていない。


そこでレジの中で楽しそうに会話してるキャイ〜ンのようなお二方の店員に訪ねてみた。身振り手振りを交え、形状や色などをできる限りを尽くして説明した。


眼鏡をかけた店長風の服装の店員の反応は、「あっそういうのないです」と即答。あなたの言うそういうのってどんなの、本当に理解しているのと聞き返したくなるのをこらえた。


どうも納得いかない。なにか他のものを探すふりをしながら、それもそれが不自然でない程度に小さなお菓子などを手にして探しまわった。それでもやはり見つからない。


疑ってしまったが、店員の頭の中のデータベースに偽りはなかったとお詫びの気持ちが芽生え始め、手に持った商品の清算にレジへ向かうところで目的のものを見つけた!レジの直ぐ横にあった。


それを数個取り、レジに置いて「やっぱりあるじゃない〜」と精一杯皮肉っぽい口調で言ってみたが、眼鏡の店員は「へ〜え」とだけ。背の高いほうの店員がさっと割って入って、素早くレジを打った。


今日は箱の中から二個目の林檎を発見することになったのはいうまでもない。

2010年12月8日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ストリートビューの画像が再撮影されたものに切り替わります。とGoogle Japnan Blogにあったので、さっそく試してみた。


「本日より、関東地方、関西地方及び九州地方の一部の地域で、ストリートビューの画像が再撮影されたものに切り替わります。」とGoogle Japnan Blogにあったので、さっそく試してみた。


写真がかなり鮮明になっている。さらなるプライバシーへの配慮が求められそう。作成スタッフの仕事量が増えるに違いない。


「カメラ位置を 2.45m から 2.05m に下げて撮影」ということで、撮影アングルもかわっている。


iPod touchでも試してみた。こちらも同様にきれいに。中央区のある場所を見てみたら、今年6月に改装したビルが写っているし、イチョウの黄葉の様子からつい最近撮影したものと思われる。


詳細にチェックしたわけではないが、ちょっと気になることが。iPod touchでピンをドロップして、ストリートビューを表示させると、ピンの位置と大分ずれたところになる。実際の距離で50m〜100mずれている。PCからは問題なかった。


また、カメラ位置水平方向の写真はとてもきれいになっているが、見上げたアングルにすると前とさほど違いを感じない。写真がうねうねした感じも残ってる。右画像参照。クリックで拡大表示。上が旧、下が新。撮影時の天候の違いがあるので単純に比較はできないが。


このpost は、Twitterのツイートを加筆したもの。

2010年12月5日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉正体不明のURLにやむを得ずアクセスしなくてはいけない場合などに身代わりでチェックしてくれる無料のwebサービス「URLVoid」



正体不明のURLにやむを得ずアクセスしなくてはいけない場合などに、身代わりで完全かどうかチェックしてくれる無料のwebサービスURLVoid

使い方は簡単、正体不明のあやしいURLを入力フォームに記入もしくはコピーペーストして「Scan Now」ボタンをクリックするだけ。少し待つと、結果が表示される。

問題なければ緑色の文字で「CLEAN」と表示される。
疑わしい場合は「SUSPICIOUS」、危険であれば「DANGEROUS」と表示される。
なお、すべて英文。

URLVoid:

紹介ページ CNET Japn

2010年12月3日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉漫画のお師匠様からの教え・その1、その2


5年間おつかえした漫画のお師匠様からいろいろな教えをいただいた。面と向かって教えをいただいた記憶はあまり多くないので、おそらくお師匠様の日常の会話の端はしから、勝手にいただいていただけなのかもしれない。ちなみに漫画の描き方を教えていただいた覚えは一度だけ、下絵の鉛筆線をささっーと目の前で描いてくださった。
  • 教え・その1 漫画家の敵は漫画家だ。お前も自分の漫画でギャラをもらうことになったら独立した漫画家とみなしてやる。そうなったら二度とうちの敷居はまたぐな!敵だからな!挨拶もいらない。この教えは独立してお師匠様のもとを離れてから今日までずっと守り通している。日頃この教えがもっとも心に残っていたので、独立したときは、お師匠様が漫画家として自分を認めてくださったことがとてもうれしく、かつとても悲しかった。

  • 教え・その2 漫画家以上に漫画家の敵は、編集者だ。親しげなそぶりで近寄ってくるのは、漫画家を利用して自分の地位を上げたいからだけだ。編集者は原稿の依頼を持ってきて、出来上がった原稿を持って帰るだけでいい。編集者のアドバイスなどに耳を傾けたら、個性が削り取られる。この教えは残念ながら守れなかった。大先生のお師匠様と自分ごときでは比較にならない程立場が違う。編集者のご機嫌を損ねることがあっては食べていくこともかなわなかったので。

2010年12月2日木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉「今年の一文字 2010」2011年の運気を占うTwitter連動サービス。


今年の一文字 2010


Twitter上で、今年一年間につぶやいた中でもっとも多く使われた漢字一文字を選び出し、毛筆書体で表示してくれるTwitter連動サービス。2011年の運気を占うコンテンツとなっている。


前出の「はがきデザインキット2011」と同じ日本郵政が提供してくれている。今年何かと話題になった日本郵政だが、いろいろ頑張っている。


洗練されたデザイン、好感を持てるキャラクターに構成、出来上がる筆文字もなかなか味がある。つぶやき全体を検索して抽出するので、一文字を選びだすのにやや時間がかかるが、ゆったり待つ間も飽きさせない。


今年の一文字 2010のサイト→http://yubin-nenga.jp/hitomoji/index.html


ちなみに私の一文字は「明」。来年はそんな年になりますように。


なお、Twitterアカウントのない人は、生年月日を入力して、来年の一文字占いということで利用できる。