Subscribe Twitter

2011年5月1日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉iPhoneでもhtmlソースコードの表示ができるタブブラウザのSpirit Browser Liteを最近発見した…が、すぐに消えてしまった…と思ったら有料版のほうが無料キャンペーンをやっていた。

外出時、iPod touchのブラウザでwebページを見る機会が多い。情報収集が主だが、自分が関わったページのデザインや動きの確認も少なく無い。不具合を発見した場合、PCではすぐにページのhtmlソースコードを表示して問題箇所を見つけ出すことができるが、iPod touchではままならない。iPod touchでもソースの表示ができるブラウザがあればなあとため息をつくことが多々あった。

そんなニーズに応えてくれるタブブラウザのSpirit Browser Liteを最近発見した。

他のブラウザと同様の基本的な機能をほぼ備えていて、動作が軽く、そしてなによりもページのhtmlソースコードを表示して確認できる。

htmlソースコードの見るには、目標のwebページをさせておいて、画面上段に並ぶ5つのアイコンの一番右、ギアマークをタップ、表示される[設定]の一番下にある[ソースを表示]をタップする。

●その他の機能
  • タブを長押しすることで、webページを保存したり、タブの位置を入れ替えたりできる(タブ表示数やタブを長押しの機能はlite版では制限がある)。
  • リンクを長押しすることで、リンク先を新規タブで開いたり、コピー、ダウンロードできる(lite版では数に制限があるもよう)。
  • 表示された画像や動画などをダウンロードできる。長押しして強制的にダウンロードもできる(lite版では数に制限があるもよう)。
  • Cookie を個別に確認して削除もできる。
  • ファイル共有をオンにすると、同じLAN内で簡易ファイルサーバーとして使える(こちらもlite版では数に制限があるもよう)。
  • ユニークな機能として、iPhoneやiPod touchを振ることで、画面のスキン(テーマ)を替えられる。5種類用意されている。

利用できる環境: iPhone、iPod touch(第2世代以降)、iPad、 iOS 4.0 以降。

…とここまで書いて、一昨日ポストする前に念のためこのアプリのURLを確認しようと接続したら、「ご希望のアイテムは、現在日本語のStoreではご利用いただけません」と出る。今日まで様子をみたがやはり同じ。

何かの制限を受けたのか? 有料版のほうはどうなっているか気になって接続したら、なんと無料キャンペーン実施中となっている(無料キャンペーンは5/1から5/2)。このためだったのか。早速こちらをダウンロードしたのは言うまでもない。

接続できなくなったSpirit Browser LiteのURL:http://itunes.apple.com/jp/app/id432038380

Spirit Browser 有料版のURL:http://itunes.apple.com/jp/app/id399192753
(5/1-5/2 無料 キャンペーン実施中)


Related Post:


0 コメント: