Subscribe Twitter

2011年5月29日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉iPhone用スケッチアプリのLiveSketchが無料になっていたので、インストールして試してみた。


アイコンが鉛筆マークなので、単線で描くドローアプリかと思ってしまうが、App Storeのサンプルのように、コンテやチョークで描いたような画質になる。


コンテやチョークをお使いになったことがある方ならご存知と思うが、これらのアイテムで描いた絵はとてもはかない。ちょっと息を吹きかければ、紙の上にのった絵がとんでしまう。そのため絵を残しておきたい場合は、樹脂系のスプレーなどをかけて固定することになる。このアプリは、コンテやチョークを使って描いた絵をスプレーなしで固定できるもの、と考えると分かりやすいかもしれない。

アプリを起動すると真っ白い画面と、上に、描いたものをクリアーするゴミ箱アイコン、undo矢印、redo矢印、Exportボタンが並び、下に、背景色アイコン、描く際のSketchボタン、絵を消すEraceボタン、描画色アイコンが並ぶだけ。
これ以上シンプルなスケッチアプリを探すのは無理と思えるほどシンプル。

なお、描画中のボタン類の表示は、画面で切り替え。

描く際は、Sketchボタンを選択しておく。描画は四角いコンテを連想すると分かりやすいかもしれない。速いスピードで描くと、コンテのエッジを使った感じで細く、ゆっくり描くとコンテの面を使ってこすりつけたような質感になる。

なお、undo(一つ前の状態に戻す)が20数回できる。redo(一つ前のundoを取り消す)も可能。

背景は背景色アイコンから、予め用意された4つの背景と自分で選べる単色の計5種類。描画中でも背景を変えて雰囲気を変更できる。その際、描画に影響は無い。描画色は、描画色アイコンから選べる。にじみとかぼかしとかのエフェクトは一切無い。

絵を部分的に消したい場合は、Eraceボタンを選択する。他のスケッチアプリの消しゴムツールと同じ動作。消す場合はスピードとは無関係にやや太めの固定幅になる。ズバッと消えるのでマスキングテープをはがした感じになる。全体を消す場合は、ゴミ箱アイコンをタップ。

画面の拡大表示縮小表示もできない。

絵の保存はExportボタンから。保存とメール添付ができる。ちなみにExportで保存するとファイル形式はjpegになる。作者さんは、より画質の良いスクリーンショットで保存することを勧めている。

ぐりぐりやっているうちに何となく
でき上がった画像
スクリーンショットの撮り方は、画面をタップしてボタン類を非表示にして、ホームボタンを押したまま、スリープボタンをクリック。pngで保存される。

前に描いた絵の読み込みはできない。新規に描いて、新規に保存することしかできないアプリ。

App Storeのカスタマプレビューに「絵が下手になった気がした」というのがある。このアプリを試してみて、なるほどと思う。上手な絵の定義を万人にうけるものということなら、このアプリで上手い絵を描くのは難しいかもしれない。

しかし、コンテ風のテクスチャーを作ることができるこのアプリは捨て難い。
考え事をしながら、画面を見ずに指先でぐりぐりやっても面白い。画面に向かっていては決して作ることができないテクスチャーに出会えそう。

利用条件
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要。現在無料(元の価格は230円)。

[ iTunes App Store ] LiveSketch


Related Post:


0 コメント: