Subscribe Twitter

2011年7月24日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ MacのiTunesのバージョンを10.4にアップデートしたら、赤黄緑のボタンの縦並びが以前の横並びに戻った。


iTunes 10.4 MacOS X 10.6 
iTunesのバージョンが10になったとき、赤黄緑のボタンが縦並びになり、他のMacアプリーケーションとは違う見た目になってしまったことで、ネットに多くの不評が掲載された。私自身はiTunesのウィンドウであることが一目瞭然になるので、縦並びもありだと思っていたが。
それが今回のアップデートで以前の横並びに戻ってしまった。

iTunes 10.3.1 MacOS X10.5 変更前
ちなみにiTunesバージョン10の縦並びを横に変えるコマンドもあった。

iTunes 10.3.1 MacOS X10.5 変更後

下のコマンドがそれで、ターミナル(アプリケーション→ユーティリティ)を開いて、コピーペーストしてreturnを押し、iTunesを再起動すると、縦並びが横並びになった。
(MacOS X10.5と10.6のiTunesバージョン10.3.1で確認)。


defaults write com.apple.iTunes full-window -int -1

縦に戻す場合は、
defaults write com.apple.iTunes full-window -int -0

ただし、環境によっては、このコマンドが機能しないこともあるらしい。

環境といえば、どこかのブログで見た記事で「iTunesのウィンドウがMacの画面上で最大化できない」というのがあった。

私の環境では、MacOS X10.4~10.6までそんな状況におちいったことはない。iTunesのウィンドウ右下をドラッグして自由にウィンドウのサイズを変えられた。

ちなみに一瞬でウィンドウサイズを最大化するなら、optionを押しながら緑ボタンをクリックすればいい。もう一度optionを押しながら緑ボタンをクリックすると元のサイズに戻る。もちろんこの動作は、赤黄緑のボタンの縦横に無関係。


Related Post:


0 コメント: