Subscribe Twitter

2011年10月30日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ ソーシャルドキュメント共有サービス「libura(ライブラ)」で、電子書籍をブログに埋め込みできるというので試してみた。


「libura(ライブラ)」は、写真や画像、カタログ、オフィス文書、資料など様々なドキュメントを手軽にアップロードして閲覧、共有することができるwebサービス。

先日の28日には、全国のフリーペーパー、フリーマガジンを電子書籍で楽しめる『ALL FREE PAPER(オールフリーペーパー)』がリリースされている。



試しに青空文庫の
岸田国士 虹色の幻想 (シナリオ)』を埋め込んでみた。
埋め込みは、livedoor Blog、So-netブログ、Blogger、FC2 BLOGなどに対応。

ただ、このページでは各種ボタンがうまく機能しなかったので、「テスト」ページの方へ移動させた。

右画像はそのイメージ。

「テスト」ページへ
(読み込みにちょっと時間がかかります)

liburaは、アカウント登録をすれば誰でも手軽、簡単にドキュメントをアップすることができる。

登録は、ニックネーム、メールアドレス、パスワードだけでOK。仮登録後、登録したメールアドレスにメールが届くので、そこに記載されたURLをクリックすれば登録完了、といたって簡単。閲覧するだけなら登録は不要。

「libura(ライブラ)」でちょっと気になるのは、「ユーザーガイド」、「Q&A」、「アップロード」などのページによって、使用可能容量やMac OSの対応バージョンなどの規定が、不統一?のように見うけられる。古くからのユーザーは既定のことと理解しているのかもしれないが、私のような新規のユーザーはちょっとまごつく。

使用可能容量:1GBまで無料。
複数ファイルをあわせた1つのドキュメントの再大容量1GB。
(ちなみにアップロードページでは、使用可能容量:3.00GB、残り3.00GBとなる?)

1つのドキュメントあたり最大ファイル数500個or500ページ(アップロードページでは、最大800枚となっている?)

アップロードできるファイル:
doc、docx、xls、xlsx、ppt、pptx、pps、pdf、ps、ai、eps、jpeg、jpg、gif、bmp、pjpeg、png、jpe、txt、rtf、csv

またiPhoneアプリのビューワーも無料で公開されている。

利用条件: iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降
libura Viewerhttp://itunes.apple.com/jp/app/id418274868?


libura(ライブラ) webサイトhttp://libura.com/


Related Post:


0 コメント: