Subscribe Twitter

2012年8月30日木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Mac OS Ⅹ 10.8(Mountain Lion)の通知センターの壁紙が気にいらない人のために、通知センターの壁紙を変更する3つの方法。



iOSでも便利と感じていた「通知センター」なので、Mac OSに組み込まれて、さらに便利になったと歓迎している(iOSの場合、ちょっとAndroid OSのパクリの感はあるが)。しかしながら、iOSやLionのログイン画面などに使われだしたこのグレーの布地のテクスチャー( linen.tiff )が、自分の描くMacのイメージとはどうもしっくりこない。
デフォルトの「通知センター」壁紙、右隣は linen.tiffがない場合。右端は変更した一例。

そこで、この画像を変更してみることにした。

(1)「通知センター.app」のリソースの中にある壁紙画像「linen.tiff」を
 同名で置き換える

通知センター.app」のある場所は、 
[ システム ] → [ ライブラリ ] → [ CoreServices ]  の中。

壁紙画像は、「通知センター.app」を右クリックして「パッケージの内容を表示」を選んで開き、 [ Contents ] → [ Resources ]  の中の「linen.tiff」(512px × 512px 約643KBのtiff画像)。
右画像は、「linen.tiff」の原寸、一部。

この「linen.tiff」をどこかに移動しておく。

置き換える画像を作成する。元の画像サイズは縦512px × 横512pxだが、「linen.tiff」の場合、単純な布地のテクスチャーなので、足らない部分をリピートして使用している。「linen.tiff」と同じような単純でリピートしても問題ない絵柄ならいいが、512px × 512pxのサイズのままだと、縦部分の下側256pxほどが、リピートされ、上にきてしまう。

ということで、上下で違いが出る画像では、縦768pxにする必要がある(Mac Book Air 11インチの場合)。横は512pxでかまわない。


縦768px × 横512pxの壁紙画像を作り、「linen.tiff」とリネームして、元の 
[ Resources ] に戻す。
ちなみに画像フォーマットは「.tiff」でなくともかまわない。PNG、Jpegでも「linen.tiff」とリネームすれば表示される。

また、 [ Resources ] 内に「linen.tiff」が存在しないと、代替えで赤い壁紙になる。これはこれできれい(最初の画像、右側)。

 「通知センター.app」を再起動 
Finderを選んでおいて、 [ shift ] + [ command ] + "U" で、 [ ユーティリティ ] を開き、「アクティビティモニタ.app」を起動し、「通知センター.app」を選んで、終了させる。「通知センター.app」はほぼ一瞬で再起動する。

壁紙が変更されていることを確認する。

なお、 [ Resources ] から画像を取り出す際や戻す際は認証が必要。


(2)無料アプリ「Moutain Tweaks.app」を使って変更
「Moutain Tweaks.app」は、フリーソフト(ドネーションウェア)。 

 「Moutain Tweaks.app」の サイトから、下矢印のボタンをクリックする。ダウンロードページに移動する。ここで注意するのは、「Download now」ボタンをクリックするとドネーション(寄付)のページに飛んでしまい、いろいろ面倒くさい。 「Download now」ボタンの下に小さく書かれた「Or just download free here」の「here」をクリックする。

● zipファイルがダウンロードされ、システムが自動で解凍してくれるので、「 Moutain Tweaks.app」「アプリケーション」に入れて起動する。 

「Mountain Lion Tweaks」のタブを選び、
「Change the Notification Center background」[ Yes ]ボタンを2度クリック(ダブルクリックでも間をあけてもOK)。

ファイルを選ぶダイアログが開くので、画像ファイルを選ぶ。 [ 選択 ] ボタンをクリック。

パスワードを求められるので、入力して [ OK ] ボタンをクリック。「Done」と出るので、 
[ OK ] ボタンをクリックして閉じる。壁紙が変更される。  通知センター.appの再起動は不要。

(3)無料アプリ「NCbackgrounder.app」を使って変更
「NCbackgrounder.app」はsourceforgeからダウンロードできる無料のアプリ。

上記からダウンロードされるファイルは、dmg
これをダブルクリックすると、デスクトップにマウントされ、その中にインストーラのパッケージがある。

これをダブルクリックで起動しようとすると、「FileVault 2」により、インストーラがブロックされてしまうので、パッケージを右クリックから、「開く」を選ぶ。「FileVault 2」の確認画面が出るので、 [ 開く ] をクリックすると、インストーラが起動する。画面の指示に従ってインストールし、Macを再起動させる。

再起動後、アプリを起動させると、簡単なアイコンの説明画面になる。画面上左端の「通知センター」アイコンをクリック。
「Customization」の画面になるので、「Notification Center Background」の 
[ Custom ] ボタンをクリックする。

画像を選ぶダイアログになるので、作成しておいた画像を選び、 [ 選択 ] ボタンをクリック。「通知センター.app」の再起動動作は不要で、壁紙が置き換わる。

デフォルトの「linen.tiff」に戻す場合は、「Notification Center Background」 
[ Default ] ボタンをクリックする。

「linen.tiff」の名称を変更してみたが
2つのアプリとも、「linen.tiff」の名称を使って画像を置き換えている。前出のように、PNGでもJpegでも「linen.tiff」の名称を使って置き換わっているので、この場合の「.tiff」というのは、画像のフォーマットというより、「linen」を含めた「通知センター.app」の壁紙を表す決まり事になっているのかもしれない。
手動でもアプリを使った場合でも、画像を置き換えると、[ Resources ] 内の「linen.tiff」のサムネールが変わる。実際に使用した画像フォーマットは、PNGとjpeg 。

試しにフォーマットと名称を別にした画像を [ Resources ] に追加し、ファイルを管理していると思われる「CodeResouces(実体はXMLファイル) 」を開いて、63行目あたりの「linen.tiff」部分を追加した画像の名称、フォーマットに書き換えて保存し、「CodeResouces 」を差し替えて「通知センター.app」を再起動してみたが、あいかわらず「linen.tiff」が使われる。
「CodeResouces 」は、「通知センター.app」 [ Contents ] → [ Resources ] →  [ _CodeSignature ] フォルダの中)


2012年8月26日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ このブログ(Blogger)の最新投稿の画像がすべて見えなくなる不具合(ミス)の顛末と、公開済みの投稿を非公開の下書きに戻す方法。


問題の投稿をアップする際、内容はよく確認したつもりだったが、公開してすぐに間違いを発見した。それも致命的な間違いが複数箇所。出かける用事があって、修正して再アップしている時間がないため、あわててしまい、とりあえずこの記事を削除した。 削除してから、ソースをバックアップしていないことに気付いた。

幸いプレビュー画面はまだ閉じていなかったので、記事部分を選択してコピー、Macの「テキストエディット.app」へペーストして、画像を含む.rtfdで保存しておいた。

帰宅してから、このrtfdファイルをエディターで開いて、画像のパスを確認。
http://2.bp.blogspot.com/-7Qguqf8lGzE/UDjJWWWt8hI/AAAAAAAABwM/z6-S7vAvDTE/s1600/title.jpg」などとblogspotの正しいパスになっているので、このrtfdファイルの内容を画像も含めてすべてコピーし、blogの編集(作成)画面にペーストした。間違い箇所を訂正し、レイアウトを成形し直してプレビューすると、画像も表示されたので、そのまま公開した。公開したブログの画面も画像が表示されることを確認して。

それから数日経った昨日、別のMacからこの記事を見たところ画像がすべて「リンク切れ」表示になっていることに初めて気付いた。

再アップした際に画像がすべて表示されていたのはブラウザ(Safari)のキャッシュが残っていたためと思われる。

このブログのアカウントと同期しているAndroidタブレットで確認すると、アップした画像はすべてblogspot上に残っている。

それが見えないということは、画像のパスが違っている?ことになる…などと考えているうちに、初歩的なミスに気づいた。

前期のパスは、ブログに表示された画像をクリックしたときに、画像だけを原寸で表示するためのリンクである <a>タグの href="" 書かれたものだった。
ブログ本文に表示するための画像のパスは同じものだが、<img>タグの src="" に書かれるべきものが抜けていた。

rtfdファイルを一括でコピー & ペーストして、楽に済まそうとしたのがそもそも間違い、とおおいに反省。
画像をアップし直して、投稿を再々アップした。

下書きに戻す方法
公開済みの投稿を非公開にして、下書きに戻す機能があれば、こんなミスや苦労をしなくて済んだ、との思いから、Bloggerの「投稿を作成」や「ダッシュボード」などいろいろ調べていたら、あった!
新しいBloggerインターフェースの「投稿」で編集するタイトルをクリックして記事を選ぶと、上側に「下書きに戻す」があった。これをクリックすると、非公開の下書きに戻る。

今まで古いインターフェースしか使っていなかったので、まったく気づかなかった。

古いインターフェースに戻るには、「投稿を編集」画面を上の「閉じる」をクリックで閉じて、上右側のギヤーアイコンをプルダウン、「Blogger の以前のインターフェースを使用」を選ぶ。


2012年8月20日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 「Androidタブレット Lenovo IdeaPad Tablet A1」のブートアニメーションを再現してみた。QuickTime の「イメージシーケンス」でムービー作成。


【 不具合修正・再アップ 】
画像が表示されない不具合を修正して再アップしました。

Androidタブレット Lenovo IdeaPad Tablet A1」をMacに繋いで、DDMSからタブレットの中身を確認していたら、ブートの際のアニメーションのファイルを見つけた。

DDMSについてはこちら:

DDMSのメニューから[ Device ]→[ File Explorer... ]で別画面のFile Explorerを開き、
[ system ]→[ media ]→「bootanimation.zip

このbootanimation.zipを解凍して、「bootanimation」フォルダ→「part1」フォルダに「lenovo-011.png」から「lenovo-062.png」まで52のpng画像が入っている。
このpngひとつが、ブートアニメーションの1フレームになっている模様。

pngをムービーに変換
ImageReady 」を使って、gifアニメーションにしようかとも思ったが、52のpng画像を1点ずつコピー & ペーストするのはとても面倒なので、QuickTime の「イメージシーケンス」を利用することにした。
(使ったMacは、主にMac OS X 10.6.8 、画像加工などでMac OS X 10.4.11)
イメージシーケンス」は、ファイル名が連番になっている画像群からムービーを作成してくれる機能。

QuickTime Player 7.app(pro、バージョン7.6.6)」を起動し、メニューから[ ファイル]→[ イメージシーケンスを開く... ]を選ぶ。

[ 開く ]ダイアログが開くので、画像の入ったフォルダから、もっとも若い番号のふられたファイルを選ぶ(今回の場合は、lenovo-011.png)。[ 開く ]ボタンをクリック。

[ イメージシーケンスの設定 ]が開くので、フレームレートを決める。フレームレートとは、1秒あたりのフレーム(コマ)の数のことで、単位はfps(Frames Per Second)。通常のムービーは30fps程度。今回はやや遅めの「10 フレーム/秒」を選び、[ OK ]ボタンをクリック。

ムービーができ上がる。メニューの[ ファイル ]→[ 別名で保存...  ]を選び、保存ダイアログから「独立再生形式のムービーとして保存」にチェックを入れ、ファイル名、保存場所を決め、[ 保存 ]ボタンをクリックして保存する。拡張子は「.mov」になる。



注意:「QuickTime Player.app」は、Mac OS X 10.6から仕様が変更されたバージョン10(画像左)になっていて、従来のバージョン7のような使い方はできない。

ただ、インストーラDVDからバージョン7をインストールできる。インストールされたバージョン7は「ユーティリティ」に「QuickTime Player 7.app」の名称で入る(このあたり古いことなのでうろ覚え)。さらにプロキーを購入しないと書き出しなどはできない。

ちなみにMac OS X 10.6.8の「QuickTime Player 7.app 」をコピーして、Mac OS X 10.7.4、10.8にペーストすると動作する。

QuickTime のバージョン7やプロキーがない場合


連番になっている画像ファイルからムービーを作成してくれるMac用フリーウェアの「TSBSimpleAnimator.app」を利用すると同様に作成できる。
このソフトの対応はMac OS X 10.4以上。Mac OS X 10.4.11、10.6.8、10.7.4、10.8で動作を確認した。


TSBSimpleAnimator.app」を起動すると、「フォルダから作成」、「空の書類」のどちらを選択画面になる。

フォルダから作成」を選択し、[ 開く ]ダイアログから、連番になっている画像ファイルが入ったフォルダを選ぶ。

すべてのpng画像のフレームが"1"になっていることを確認して、[ 動画書き出し ]ボタンをクリック。保存ダイアログが開くので、動画の品質、フォーマットをデフォルト設定(MPEG4 video、高画質)のまま、保存場所、ファイル名を決めて、[ 保存 ]ボタンをクリック。ムービーができ上がる。拡張子は「.mov」になる。


FLVに変換
でき上がったムービーの拡張子はMac用の「.mov」なので、汎用性の高い「.flv」に変換。

QuickTime Player 7.app」からムービーを開き、メニューの[ ファイル ]→[ 書き出す... ]を選ぶ。保存ダイアログが開くので、「書き出し:」から「ムービーから Flash Video(FLV)」を選ぶつもりだったが、見当たらない。
バージョンは近いが微妙に違っている。
そこでを「.flv」に変換は、Mac OS X 10.4.11の「QuickTime Player .app(バージョン7.6.4)」で行った。「書き出し:」から「ムービーから Flash Video(FLV)」を選び[ 保存 ]ボタンをクリック。FLVムービーができ上がる。

webでムービー公開
webでムービー公開する方法はいろいろあって、以前はAPIやらjavascriptやらいろいろ面倒だった。最近では、もっとも簡単な方法として、html5の<video>タグを使う方法がある。
(例)<video src="ムービーファイル名.flv " controls> </video>
ただ、ブラウザの対応については、ムービーのフォーマットによるところが大きく、Firefoxでは .htaccessファイルの書き換えが必要など、今のところまともに使えない。

上のタグだけで、試しにFLVを表示するページを作ってみたが、うまく動くのはMacのSafariくらいに限られる。

結局、Youtubeを利用させてもらうことにした。

以下が今回作成したムービー
上が、通常のムービー、下が通常のムービーに逆再生ムービーを合わせたもの。

実際の「Lenovo IdeaPad Tablet A1」のブートアニメーションは、Lenovo のロゴを挟み、このムービーを繰り返し再生している模様。





web用(携帯用、iPhone用、PCのweb用)に一括変換する裏技(?)
QuickTime Player.app(バージョン10)」を使って、movを開き、メニューの[ ファイル ]→[ web 用に保存... ]を選ぶ。ダイアログが開くので、「バージョンの用途」をすべてチェックし、[ 保存 ]ボタンをクリック。フォルダに書き出される。


このフォルダ→[ Resources ]→[ images ]の中に携帯用、iPhone用、PCのweb用に変換されたムービーがある。PCのweb用の「.m4v」は、元の「.mov」と縦横のサイズは同じだが、ファイルサイズは、わずか168KB。元の「.mov」が1.8MBだったので10分の1以下のサイズになっている。

本来の用途とは少し違うかもしれないが、「QuickTime Player 7.app」の[ 書き出す... ]で、用途ごとに変換するよりもずっと早く、しかもweb用により適正化される。

TSBSimpleAnimator.app
TSB program system:http://tsbps.com/

2012年8月17日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 予告期限(8月15日)どおりに、AndroidのAdobe Flash Playerアプリがダウンロードできなくなった。そこで、現在インストールされているアプリをバックアップしておくことにした。


Adobe Flash Playerがプリインストールされている機器のみを対象としてアップデートは続けられるらしいが、新規インストールはできなくなる。Google Playを覗いてみると、Adobe Flash Playerは見つからない状態になっている。

私のAndroid端末、Lenovo IdeaPad Tablet A1(16GB)には、現在「Adobe Flash Player 11.1_11.1.111.10」が入っているので、当面利用できるが、もしトラブルかなにかで、Androidシステムを再インストールするような状況に備えて、Adobe Flash Playerアプリをバックアップしておくことにした。



バックアップ作成
バックアップに使うアプリは、Android OS ビルトインの「ES ファイルエクスプローラ」。

このアプリを起動、メニューボタン(画面下ハードウェアキー・左)をタップ。

 表示されたメニューから「マネージャ」をタップ。


 インストールされたアプリケーション」をタップ。

 アプリのアイコンが並ぶので、「Adobe Flash Player」を選択して長押し。

 [ オペレーション ]が開くので、「バックアップ」をタップ、バックアップが作成される。

● ES ファイルエクスプローラ」の「インストールされたアプリケーション」上で、バックアップされたアプリは、名称がグリーンに変わる。



バックアップの確認
 ES ファイルエクスプローラ」や他のファイルマネージャ系のアプリで、[ /sdcard/backups ]のディレクトリをタップして開く。

 さらにその中の[ apps ]をタップして開く。

 Adobe Flash Player 11.1_11.1.111.10.apk」がバックアップされていることが分かる。


さらにクラウドにバックアップ
このままでは、内部のSDカード上にあるので、システムリカバリなどで消えてしまう。外付けSDカードはこのところうまく接続、マウントできないトラブルが続いているので、クラウドに保存することにした。
 [ /sdcard/backups ]→[ apps ]にあるAdobe Flash Player 11.1_11.1.111.10.apk」のアイコンを長押しして、[ オペレーション ]の[ 送信 ]をタップ。
 [ 共有 ]が開くので、「Box.net」にアップロード。同じ要領で、「Dropbox」と「Pogoplug(LANの簡易ファイルサーバー)」の合わせて3カ所にアップロードした。

● 下の画像は、「Pogoplug」のアップロードしたディレクトリ。


2012年8月13日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ [ 小ネタ ] Mac OS Ⅹ 10.8(Mountain Lion)も、Safari 6 もインストールせずにSafari 6 の挙動を試す方法。



「Mac OS Ⅹ 10.8(Mountain Lion)も、Safari 6 もインストールせずにSafari 6 の挙動を試す方法」といっても、Mac OS Ⅹ 10.8(Mountain Lion)を既に購入しているが、まだMac OS Ⅹ 10.7(あるいは10.6)からアップグレードしていない場合に限る。

Mac OS Ⅹ 10.7のSafariも「ソフトウェア・アップデート…」経由でバージョン6にできるが、ネットの情報によると、不具合というのか仕様というのかSafari 5との違いがいろいろ指摘されている。Mac OS Ⅹ 10.8にアップグレードすると、自動的にSafari 6になってしまうので、その前に検証しておきたい…という方に向いているかもしれない。

その方法
USBメモリなどを使って、起動できるMountain Lion インストーラを作成する。
作成したUSBメモリをMacに接続し、USBメモリから起動する。
OS Ⅹユーティリティ」が立ち上がるので、「ヘルプ情報をオンラインで取得」を選び、[ 続ける ]ボタンをクリックする。


ブラウザが立ち上がり、ヘルプ情報が表示される。

このブラウザが Safari 6 。Mac OS Ⅹ 10.8の Safari 6 とビルド番号も同じ。
OS ⅩユーティリティのSafari 6

Mac OS Ⅹ 10.8の Safari 6
ヘルプ情報に限らず、web上をブラウズできる。作成中のレイアウトデザインが気になるwebページなどのURLを事前にブックマークしておき、書き出してローカルに置いておけば、メニューの[ ファイルを開く… ]から確認できる。「Pocket」や「Instapaper」などにログインして、クリップしておいたwebページの確認もできる。

Mountain Lion インストーラの作成方法や起動方法は以下から


2012年8月12日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Mac OS Ⅹ 10.8(Mountain Lion)をインストールする前に、USBメモリにインストーラをバックアップしてみた。


 Mac OS Ⅹ 10.7(Lion)のMac Book Airから、App Store経由でMountain Lionを購入した。

インストーラがダウンロードされる。右画像は「Launchpad」のダウンロード中の状態のアイコン。

ダウンロードが終了すると、インストーラが立ち上がるが、ここでインストールせずにいったん終了。


[ アプリケーション ]内にMountain Lionのインストーラが存在することを確認。

このインストーラはインストールが終わると当然ながら消えてしまう。別のMacにインストールしたい場合やトラブル発生を考慮してインストーラを保存しておきたい。

Appleのサポートから引用
  • OS X Lion または Mountain Lion を Mac App Store から購入した場合、個人で使うことを目的に認証されたすべての Mac にインストールすることができます。

また、ネットに接続していれば、Mac App Store でアカウントにサインインし、「購入済み」リストでインストール対象の OS を選択して再ダウンロードが可能だが、手元にあった方がなにかと安心できる。ということで、インストーラを保存しておくことにした。

保存デバイスは、16GBUSBメモリ。インストーラ本体は4.35GBなので、8GBのデバイスで十分だが、手元にまっさらなUSBメモリは16GBのものしかなかったので。

Mountain Lion インストーラを復元でUSBメモリにコピー
Mountain Lion インストーラをそのままUSBメモリにドラッグして丸ごとコピーしてもよいのだが、今回はUSBメモリから起動できるようにディスクユーティリティ.appから「復元」を使った。

USBメモリを起動用にフォーマット
USBメモリをMacに繋ぎ、ディスクユーティリティ.app([ アプリケーション ]→[ ユーティリティ])を起動。

左側からUSBメモリを選び、「パーティション」タブをクリック。
「パーティションのレイアウト」ポップアップメニューから、「1 パーティション」を選択。
オプション」をクリックし、「GUID パーティションテーブル」が選択されていることを確認。選択されていなければ、これにチェックを入れる。

フォーマット」フィールドで、「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」を選択。
ドライブの名前を「名前」フィールドに入力。
適用」をクリック。
USBメモリの内容を削除してパーティションを作成していいか聞かれる。「パーティション」をクリック。

この手順が前後してもかまわない。要は、「1 パーティション」、「GUID パーティションテーブル」、「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」になっていればOK。

Mountain Lion インストーラのパッケージをマウント
Mountain Lion インストーラを右クリックから「パッケージの内容を表示」を選ぶ。
[ Contents ]→[ SharedSupport ]→「 installESD.dmg 」をダブルクリックする。

_Mac OS Ⅹ Install ESD 」という名称で仮想ディスクがデスクトップにマウントされる。

復元でコピー
ディスクユーティリティ.appの画面から「復元」タブを選び、左側から installESD.dmg をマウントした「_Mac OS Ⅹ Install ESD 」を「ソース」にドラッグ、フォーマットしたUSBメモリ「108-16GB」を「復元先」にドラッグ。

復元」ボタンをクリック。
USBメモリの内容を消去していいか聞かれる。「消去」ボタンをクリック。

復元が始まる。
正確な時間を計らなかったが、30分もかからず復元が終了。USBメモリの名称は「Mac OS Ⅹ Install ESD」に変わる。

USBメモリから起動できるか確認
Mac Book Airを再起動。起動音が鳴ったところで、「option」キーを押し続け、起動ボリュームのアイコンが表示される。

USBアイコン(黄色のドライブ)の「Mac OS Ⅹ」を選択し、下側に出る矢印をクリックして起動。ここでUSBアイコンが現れない場合は、デバイスのフォーマットが「GUID パーティションテーブル」になっていないことが考えられるので、フォーマットからやり直す。

OS Ⅹユーティリティ」が立ち上げる。ここから「Time Machine バックアップから復元」、「OS Ⅹ を再インストール」、「ヘルプ情報をオンラインで取得」、「ディスクユーティリティ」を選択できる。


Mountain Lion をインストール
無事に起動できるUSBメモリができ上がったところで、Mountain Lion をインストール。

 [ アプリケーション ]内のMountain Lionのインストーラを起動。「続ける」をクリック。
 ソフトウェア使用許諾契約の条項に同意」画面に。「同意する」をクリック。

 Mountain Lion をインストールするディスクの選択。一つだけならそのまま「インストール」をクリック。
 インストールの準備画面に。「残り約 3分」と出るがそれほどかからない。

 インストールの準備が終わる。「再起動」ボタンをクリック。
起動中のアプリケーションについての確認が出る。「ほかのアプリケーションを閉じる…」をクリック。
 インストールが始まる。
 約30分ほどでインストール終了。
 Apple IDの入力や設定などのセッティングの後、Mauntain Lion の画面に。