Subscribe Twitter

2011年4月15日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉Macで使える緊急地震速報「緊急地震速報 by Extension」(無料)+ iPhone アプリ「日本地震情報 Lite」(無料)


緊急地震速報を得るため、すでにiPod touchにアプリの「ゆれくるコール」を入れているが、作業に集中していると気づかないことがある。

「ゆれくるコール」についてはこちら:

◯「緊急地震速報 by Extension」(正式版・無料)
そこで作業中はほぼ見続けているMacのデスクトップ上に緊急地震速報を知らせてくれるものとして「緊急地震速報 by Extension」(正式版)を入れている。

「緊急地震速報 by Extension」は、Google Chromeの機能拡張として動作して、緊急地震速報をデスクトップ上で通知してくれる。自分のいるところの震度までは対応していないが、最大震度3以上の地震を対象にしてをポワーンという音とともに通知の小窓が開く(音はデフォルトではOFFなのでONに設定)。

私のメインのMac Bookは、Mac OS10.4で使っているので、Chromeは入らない。当然「緊急地震速報 by Extension」も使えない。なのでこちらは脇に「ゆれくるコール」を入れたiPod touchを立ててある。「緊急地震速報 by Extension」は側面に置いたサブのMac Book Mac OS10.6にChromeとともに入れてある。

この二つのお知らせ機能があれば、周りの音が聞こえない状態でもなんとかなるだろうと思っていたが、先日は見落とした。そこで、サブのMac Bookの反対側の側面で起動させているVistaノートにも入れることにした。タイトルに「Macで使える」と書いたが、正確には「Macでも使える」とここで訂正、「緊急地震速報 by Extension」は、Chromeの機能拡張なので、当然WindowsのChromeでも使える。

しかし、同じものを入れても能がないので、VistaのChromeには、「緊急地震速報 by Extension - β」を入れることにした。このβ版のほうは、震源地の位置を地図上に表示してくれる(β版も無料)。

「緊急地震速報 by Extension」インストールは、Chromeの[設定](工具のマーク)→[ツール]→[機能拡張]を開いて、右下の「他の機能拡張を見る>>」をクリック、検索窓に「緊急地震速報」と入れて検索すればすぐに見つかる。

Chrome Web Store 「緊急地震速報 by Extension」(正式版):

「日本地震情報 Lite」(無料)
また、「ゆれくるコール」は過去にさかのぼって発生した地震情報を見たいとき、10件までしか対応してくれない。気象庁が第一報、第二報と出してくると同じものが幾つも並んでしまう(多分)ので、表示される件数はごくわずかなことも。そこで「日本地震情報 Lite」(無料)をiPod touchに加えることにした。

「日本地震情報 Lite」なら、発生した地震の今現在の情報から、過去にさかのぼっての情報を一覧で表示してくれるので、日本の地震発生の傾向を確認するのに役立つ。また、この一覧表示は、地震の大きさでラベルが色分けされるので、発生している地震の規模が時系列に一目瞭然で確認できる。赤は最大震度5級以上の地震、金色(オレンジに見えるが)は最大震度5以下、3以上、緑色は最大震度3以内の地震。一覧をタップして詳細表示、震源地の地図表示も可能。
日本語がおかしかったり、最初に起動したとたん有料版を勧めてきたり、ちょっと問題はあるがまあ無料なので。
対応:iPhone、iPod touch、iPad、 iOS 3.2 以降。


Related Post:


0 コメント: