Subscribe Twitter

2011年2月20日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉オフィス機器を以前よく利用させていただいたメーカーのリコーが運営するオンラインストレージquanp(クオンプ)を試してみた。

オフィス機器を以前よく利用させていただいたメーカーのリコーが運営するオンラインストレージquanp(クオンプ)を試してみた。

登録方法は、メールアドレス(webメール可)を登録し、そこに送信されてくるurlから本登録するという形をとっている。複数の職業をかけもちする私は、複数のwebメールアドレスでwebの利用を仕事別にカテゴリー分けしているので、webメールアドレスが利用できるのはとてもありがたい。webメールアドレスの他には、ID名、パスワード、ユーザー名を入力するだけで、いたって簡単。

コースは 試しなので、言うまでもなくトライアル(無料版)を選択した。
無料版の容量は1GB、他で使っているzumodriveなどと同じ。

すぐにストレージへ。「クオンプネットへ」をクリックして、sslのquanp.netへ接続、ファイルをブラウザからアップロードしてみた。テスト環境はMacOS 10.4、Safari 4.1.3。複数のファイルを一括でアップロード・ダウンロードできるが、無料版の場合、ファイル送信容量:100MBまで、一度に送れるファイル数:10個まで、一度に送れる送信相手:10人までとなっているが、quanp for iPhoneなどでは変わってくる。

ダウンロードは、個別ならファイル名の右の[ダウンロード]をクリック、複数同時なら、ファイルのサムネイルの左側のチェックボックスをチェックして複数選択し、上側にある[ダウンロード]ボタンを押せばダウンロードして、「quanp.」の後に日時が追加された形の名前がついたフォルダにまとめられる(デフォルトの表示方法の場合)。なお、ファイルの共有は、quanp IDを持たない人とも可能。

次にiPod touchから専用アプリ「quanp for iPhoneをダウンロードして接続してみた。
これがなかなか使いやすい。画像の閲覧もアップロードもサクサク動く。フォルダ内にまだファイルが少ないせいもあるが、iPod toushで接続、操作するオンラインストレージの中ではトップクラスの快適さ。これだけでも有料版にアップする価値がありそうに思える。

使い勝ってまとめ
☆ディレクトリーやフォルダをプレイスと表現するあたりに当初やや戸惑った。
☆盛りだくさんのツールがあるので、サービス一覧ページ(http://www.quanp.com/service/)の確認が必須、ところがストレージのあるhttps://www.quanp.net/はsslでかつ別ドメインになるため,この間の行き来がとても面倒。慣れるまでは別ウィンドウや別タブで両者を表示させておくことをお勧めする。

quanp(クオンプ):http://www.quanp.com/ 

■ちょっと詳しい投稿は私のwebサイトのほうに:http://stluke7.web.fc2.com/article10.html



Related Post:


0 コメント: