Subscribe Twitter

2011年2月16日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉Macで日頃お世話になっている無料ソフト(2)圧縮ファイルを解凍するならこれ「The Unarchiver」。

Macで日頃お世話になっている無料ソフト(2)圧縮ファイルを解凍するならこれ「The Unarchiver」。

Mac OS標準装備のBOMArchivehelperでは、ちょっと心もとない。暗号化されているzipだと意味不明のアラートを出したり、形式によってはフリーズしたり。対応できる形式も限られている。しかもアプリケーションフォルダではないところに置いてあって、Macにあまり詳しくない人の話では、「圧縮ファイルをダブルクリックすると、勝手に起動し、勝手にアラート(エラー1- その操作は許可されていません。)を出して…わけがわからない…」という事態も。

その点The Unarchiverなら暗号化されているzipはもちろん、対応できる形式は、ziplhalzhsitsitxhqxbincptなどMacでおなじみのものから、rar7zgztgzbg2tarcabexeWindows 自己解凍式アーカイブ)などまで49種類、拡張子の別表記を入れると100種類以上。

基本的な使い方は、The Unarchiverアイコンに圧縮ファイルをドロップするだけ。プレビューを見ながらファイル名のエンコーディングを選べる。解凍先の指定も可能。

無料で使えるオープンソースソフトウェア、GPLライセンス。
対応はMac OS10.3.9〜、最新バージョン2.6(日本語対応)
ベータ版3.0Mac版とWindows版)も出ているがコマンドライン用。 

Related Post:


0 コメント: