Subscribe Twitter

2012年9月29日土曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Adobeが公開しているオープンソースのソースコード表示用フォント「Source Code Pro」を試してみた。



 「Source Code Pro」は、9月24日にAdobeが公開したオープンソースのフォントで、プログラミングやコーディングなどソースコードを表示して作業する際に、視認性を高めて、文字の打ち間違いを減らし、作業効率のアップを図ることに重点をおいて開発された欧文フォント。「Source Code Pro」という名称からしても、ソースコード用に特化していることが分かる。利用はオープンソースなので無料。

実際に使って、他のフォントと比較して、具体的にどこが違うのか試してみた。

 紛らわしい文字の特徴差が強調されている
Macで報告書などを作成する際、システム標準のフォントで、例えば「Illustrator」などど入力すると、大文字の「I」(アイ)と小文字の「l」(エル)がほとんど同じに見えて、プリントするまで不安になる。「Source Code Pro」に限ったことではないが、紛らわしい字形の特徴差が強調されている。画像は最下部が「Source Code Pro」。

 モノスペース(等幅)フォントなので、同じ範囲内の文字数は同じに
下画像は、Mac上のフォントの比較。これも「Source Code Pro」に限ったことではないが、モノスペースの「Source Code Pro」(画像左)のほうは、半角スペースを含めて、同じ26文字が揃う。プロポーショナルなフォント(画像右側)より明らかに見やすい。

 同じモノスペースの「Monaco」との比較
下画像の同ポイントサイズのテキストのそれぞれ上が「Source Code Pro」、下が「Monaco」。実際にソースコード編集に使う12ptの文字は、シンタックスハイライトのカラーを付けて3種類。「Monaco」のグリフは「Source Code Pro」によく似ていて、同様に見やすいが、小文字の「a」や数字の「0」は、「Source Code Pro」のほうが、視認性が良いかもしれない。このあたりになると好みの問題になる。

左:Source Code Pro 右:Monaco

記号もいろいろ工夫されている。各サイズの上が「Source Code Pro」、下が「Monaco」。

 「Source Code Pro」のライセンス
SIL(Summer Institute of Linguistics International )のオープンフォントライセンス(Open Font License 略称OFL)。

OFL は、フォントの使用、研究、改変、再配布を、それ自体を販売しない限り自由に無償で行うことができる。ただし、再配布などの場合は、著作権表示および同じライセンスを含める必要がある。基本的に個人がPCやwebで通常のフォントとして利用する限り無料。OFLの日本語訳の詳細は、SourceForge.jpにある。

 Google Web Fontからも利用できる
この発表とともに、Adobeのオープンソースフォントのプロジェクト 「Adobe Edge Web Fonts」が、Google Web Fontsと提携したので、Google Web Fontsからも利用できる。 
ダウンロードページ(Google Web Fonts)へは、このページの右上、「Open Source Code Pro in Google Web Fonts」から。

Google Web Fontsのページを開くと、「Normal 400」(ページの左側)がデフォルトで選ばれている。ここで全てのウェイトを選ばなくても、フォントファミリー全体をダウンロードできる。右側の「Download your Collection」をクリック、「webで使うならダウンロードする必要はないよ」みたいなアラート画面が出るので、真ん中あたりのブルー文字「Download…」をクリックすれば、zipファイルでダウンロードされる。

同じくSourceForgeからもダウンロードできる。
同様にGitHubからもダウンロードできる。

ちなみに、理由は分からないが、Google Web Fontsから落としたフォントファミリーは、「.ttf」のみだが、SourceForgeから落としたフォントには、「.otf」も入っている。Macの場合は、こちらの方が使いやすいかもしれない。
Google Web Fonts から
SourceForge から

 htmlエディタの「Brackets」には標準で入っている
下の画像は、同じくAdobeがオープンソースとして公開しているhtmlエディタの「Brackets」に 「Source Code Pro」を 表示させたところ 。

2012年9月27日木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 今日のGoogleホリデーロゴは、Google自身の生誕14周年を祝うアニメーションgif画像になっている。


ウィキペディアによると、「Google Inc,」の設立は、1998年9月7日になっているが、Google自身が記載しているので、9月27日が間違いないところ。ちなみにGoogleの会社情報を見ると、法人化は、1998年9月4日になっている。

また、Googleホリデーロゴは、「Doodle」と呼ばれているが、設立の年には、もう既に最初のGoogle Doodleが存在したらしい。以下、Googleの会社情報から引用。 
1998 年に作られた最初の「Google Doodle」の目的は、ホームページへの訪問者に、Google の担当者がオフラインであると知らせることでした。ネバダ州の「バーニングマン フェスティバル」に参加していたからです。今では Doodle 担当のチームがあり、これまでに 1,000 種を超える Doodle が各国のホームページに掲載されました。

今日のホリデーロゴ(Doodle)は、37のフレームで構成されたアニメーションgifで、14本のロウソクの炎の揺らぎなどを表現していて、いつものように芸の細かい仕上がりになっている。

2012年9月24日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Photoshopで「自由変形」あるいは「パスを自由変形」でバウンディングボックスを出しているときの機能を変更するショートカットのまとめ。


日頃よく使うPhotoshopのキーボードショートカットだが、ほとんど無意識下で使っている。そのため、Photoshopを前にしていないとき、人に聞かれると、曖昧な答えしかできないことがある。そこで、備忘録を兼ねてまとめておくことにした。

追記:今回のキーボードショートカットはMacのみなので、Windowsユーザーは、commandCtrlに、optionAltに置き換えてください。shiftは同じ。)

オブジェクトやシェイプ・バウンディングボックス非表示で
オブジェクトのあるレイヤーを選択しておき、矢印キーでその方向に1ピクセル移動。shift + 矢印キーで10ピクセル移動。
また、選択した範囲やシェイプは、command + 矢印キーでその方向に1ピクセル移動。command + shift + 矢印キーで10ピクセル移動。

いずれの場合も、矢印キーを押しっぱなしにすると、オブジェクトやシェイプがずるずると連続して移動する。

 バウンディングボックス表示で
レイヤーを選択し、command + 「 T 」。
選択したレイヤーにオブジェクトやシェイプがあれば、バウンディングボックスが表示される。メニューの「編集」→「自由変形」あるいは「パスを自由変形」を選んだ状態と同じ。
テキストがある場合も同様になるが、テキストについては、別な機会に)

commandを押しながら、ハンドルを動かすと、メニュー編集」→「変形」→「自由な形に」と同じ動きになる。4隅のハンドルを動かした場合。

同じく、commandを押しながら、のハンドルを動かすと、その辺が横位置ハンドルなら左右サイズと水平を保ったまま、縦位置ハンドルなら上下サイズと垂直を保ったまま(動かしている辺の反対側の辺は固定されたまま)、移動した平行四辺形になる。

option + commandを押しながら、ハンドルを動かすと、平行四辺形になる。4隅のハンドルを動かした場合は幅も高さも自由な平行四辺形になる。

同じく、option + commandを押しながら、のハンドルを動かすと、その辺が横位置なら左右サイズを保ったまま、縦位置なら上下サイズを保ったまま(動かしている辺の反対側の辺は固定されず、反対側へ同様の距離分移動する)、になる。

shift + option + commandを押しながら、4隅のハンドルを動かすと、メニュー編集」→「変形」→「遠近法」と同じ動きになる。動かす方向は、横、縦のみで斜めには動かせない。

shift + option + commandを押しながら、のハンドルを動かした場合は、「遠近法」にはならない。動かす方向は、横、縦のみで斜めには動かせない。その辺が横位置なら左右サイズ(辺の)、上下サイズを保ったまま、横方向にスライドする形の平行四辺形になる。縦位置の辺も同様で、縦方向にスライドする形の平行四辺形になる。


2012年9月22日土曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 新しいiPod touchを予約したので、今まで使っていた iPod touch(第3世代・32GB)を無料アプリを利用して、AndroidタブレットやPCから接続できる簡易なFTPサーバーにすることにした。



iPod touchならVPNとかいろいろ利用できるが、とりあえず最も簡単なFTPから始めることにした。iPod touch用のFTPサーバーアプリも、iPod touchに接続するクライアント側もすべて無料のソフトを利用。
iPod touch側の設定

iPod touchで使用したアプリは、
FileApp (Documents & Files Reader)


このアプリを起動し、表示されるホーム画面を下にちょっとスクロールして、「Sharing options」の「Wi-Fi sharing」をタップ。
FTP Sharing」の右側ボタンをスワイプして、「ON」にする。
FTP Sharing」のリストマークのようなオレンジ色のアイコンがグリーンに変わり、その下に、IP addressBonjour namePort、Free space が表示されるので、メモしておくか、スクリーンショットなどで控えておく。
※スクリーンショットの撮り方は、撮る画面を表示しておき、ホームボタンを押したまま、スリープボタンを押す。

右上の[ Done ]ボタンをタップ。

初期の画面に戻る。ここの 「Wi-Fi sharing」もグリーンになっている。
次に右上のギアマークのボタンをタップして、「Preferences」の画面に移る。
下へスクロールして、「 Wi-Fi sharing(FTP)」の「Sharing password >」をタップ。 
Username」と「Password」を決めて入力する。
Sharing password 画面の 「 Sharing password」ボタンをスワイプして、ONにする。
Preferences」の画面に戻り、右上の[ Done ]ボタンをタップ。

以上で、iPod touch側の設定は終了。

Androidタブレットから接続

Androidタブレット" Lenovo IdeaPad Tablet A1 "から、無料アプリ「AndFTP」を使って接続。

AndFTPを起動すると、FTP接続画面になるので、「追加」をタップ。
FTPサーバ設定」画面に移るので、「基本設定」を選んでおき、
ホストアドレス:」には、FileAppのIP addressを入れる。
ポート:」には、FileAppのPortを入れる。
ユーザ名:」には、FileAppの「Username」を入れる。
パスワード:」には、FileAppの「Password」を入れる。
ローカルディレクトリ:」、「リモートでヒレクトリ:」は初期のままでもかまわない。
以上を入力したら、[ 保存 ]ボタンをタップ。最初の画面に戻る。
 接続 ]ボタン(下画像青線囲み)をタップ。接続できる。


接続すると、「FTPファイルブラウザ」の画面になる(下画像左)。ここからファイルを選ぶ。複数選択可能。選択されたファイルには、黄緑色のチェックが入るが、ちょっと分かりづらい。
[ ダウンロード ]ボタンをタップすると、ダウンロードの確認画面が出るので、[ Ok ]ボタンをタップすると、ファイルがAndroid側にダウンロードされる。
ファイルのアップロードは、[ デバイスファイルブラウザ ]ボタンをタップして、移動した「デバイスファイルブラウザ」の画面(下画像右)から。[ ダウンロード ]と同様にファイルを選択して、[ アップロード ]ボタンをタップすると、アップロードの確認画面が出るので、[ Ok ]ボタンをタップすると、ファイルがサーバー側(iPod touch)にアップロードされる。


Macから接続

Mac OS Ⅹ 10.6.8を使用。FTP接続用のソフトは、オープンソース(無償で利用できる)で、古くからMacのFTPソフトの定番「Cyberduck (v4.2.1)」を使うことにした。

Cyberduck」を起動させると、クラウドの利用状況により、いくつかアイコンができている。

画面左上の「新規接続」をクリックするか、左下の「+」ボタンをクリックして、新規接続の設定を開く。

接続を方法をFTPにして、接続のニックネームを決める。自分の識別用なのでなんでもかまわない。今回は、FileAppのBonjour nameと同じにしておいた。
サーバ:」には、FileAppのIP addressを入れる。
ポート:」には、FileAppのPortを入れる。
ユーザ名:」には、FileAppの「Usernameを入れる。

アイコンが追加されるので、ダブルクリックする。

新しい接続の最初のときだけ、アラート画面が出る。この画面で、ユーザ名:」が入っていなければ、FileAppの「User nameを、パスワード:」には、同じく「Passwordを入れて、「キーチェーンに追加する」をチェックして、[ ログイン ]ボタンをクリックする。

接続され、iPod touchの「/」ディレクトリが表示される。この画面を使って、ドラッグ & ドロップで、ファイルの出し入れができる。


Windows 7から接続
Windows用のFTPソフトは、数多くあるが、分かりやすさを重視して、Macと同じ「Cyberduck」のWindows版にした。こちらも最新版のv4.2.1をダウンロードしようとしたが、なぜかエラーになるので、ひとつ前のv4.2にした。
使い方は、ほぼMacと同じ。新しい接続の最初のときだけ、アラート画面が出るところも同様。
 ※解説は重複になるので、画像のみを掲載。

「ポート:」が半分消えて、「ポー」になっているのは、ご愛嬌。



ダウンロードした画像を開くとこんな感じ。


iTunes App sore:「FileApp (Documents & Files Reader)

Androidタブレット Lenovo Ideapad A1用「AndFTP (your FTP client)」:

Cyberduck」 (Windows用、Mac用とも):http://cyberduck.ch/?l=ja

2012年9月17日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Androidタブレット Lenovo IdeaPad A1で使える無料のファイル管理アプリ「Solid Explorer」が綺麗で使い勝手も良く、多機能。他の「ファイル管理アプリ」はいらないかなと思えるほど。



「ファイル管理アプリ」というと、Lenovo IdeaPad A1に標準で入っている「ES ファイルエクスプローラ」を始め、いろいろ利用できるが、「Solid Explorer」は、一度使ってしまったら、他の「ファイル管理アプリ」はいらない!と思えるほど、一歩抜きん出た存在感があり、しかも無料で使える。

現在のバージョンは、Beta2。Beta1のときと比べて、表示が日本語に対応したらしい。




とにかく表示が綺麗

全体の雰囲気も、メニューやメニューのサブウィンドウのアイコン表示なども洗練されたデザインで使っていて心地良い。



ユーザーの使い勝手がよく考えられている

すべての機能がアプリ画面下側の5つのアイコンに集約されていて、ハードウェアキーの「メニュー」ボタンをタップする必要がない。

Androidを使っていて、もっとも違和感を感じるのが、このハードウェアキーの「メニュー」ボタンや、「戻る」ボタン。特にIdeaPad A1の場合は、これらのボタンがタッチパネルの一部で、普段は消灯しているため位置が分かりづらく、イラッとなることがある。

アプリによっては、単なる設定だけでなく、各種操作にこれらのキーを使うものがあるが、「Solid Explorer」の場合は画面内で完結できる。小さなことかもしれないが、iOSに慣れた者にはとてもありがたい。もちろん、ハードウェアキーの「メニュー」ボタンをタップすることも可能、その場合は画面内の「メニュー」ボタンをタップしたのと同じ動きになる。




よく使うSDカードの位置が分かりやすい

Lenovo IdeaPad A1の場合、外付けのmicro SDカードが内蔵のSDカードの下のディレクトリになっていて、最初はなじみにくいものだった。

多くのファイル管理アプリの表示では、「ホーム」ポジションが内蔵のSDカードを指し、パスは「/mmt/sdcard」。外付けSDカードのパスは「/mmt/sdcard/removable_sdcard」といった表示の一方で、タブレット自身の「設定」では、removable_sdcardが「SDカード」、内蔵のSDカードを「internal SD card」と表示したりして、「SDカード」という名称がどちらを指すのか混乱させる一因になっていた。

「Solid Explorer」では、内蔵のSDカードをスマホアイコン付きの「内部ストレージ」、外付けのSDカードが、micro SDカードのアイコン付きの「SDカード」となっていて、他のフォルダアイコンと明確に区別できるようになっている。特に「SDカード」はよく使うだけに、一目で分かるこうした工夫に好感がおぼえる。




ディレクトリ移動で迷うことが少ない

画面上にパンクズリスト風にアイコンや日本語表示(前記のメインになる階層は)で、ディレクトリが分かりやすく表示される。

逆に現在のディレクトリをパスで知りたければ、Androidアイコンをタップすると、パスを表示してくれる。




ジャンプが便利

下側アイコンの「ジャンプ」から、「デバイス」を選ぶと、「システムルート」、「内部ストレージ」「SDカード」に一発で飛べる。

また、「フォト」を選べば、「/mmt/sdcard/DCIM」へ、「ダウンロード」を選べば、「/mmt/sdcard/Download」へ移動できる。

ネットワーク」では、FTP接続やクラウドなど、ネット経由の接続方法がまとめられている。

ブックマーク」は、登録したネット経由の接続先や、ローカルのディレクトリに飛べる。

ローカルのディレクトリをブックマークする方法は、「メニュー」→「ブックマークの管理」で「+」ボタンをタップして「ディレクトリを選択」から登録、またはディレクトリ表示のフォルダアイコン以外の名称部分を長押しして、表示されるダイアログから「ブックマーク」を選ぶ。

ファイルをドラッグ & ドロップで、移動やコピーができる

画面を橫表示にすると、ディレクトリを並べた2パネル(2カラム)表示ができる。

その状態で、ディレクトリ(フォルダ),ファイルのアイコン部分を長押しして、2パネル相互にドラッグ & ドロップで移動やコピーができる。MacやWindowsでは当たり前の動作だが、Androidアプリではこういった動作ができるものは多くない。このときの動作(移動かコピー)は設定から変更でる。

縦長の1パネル画面のままでも、ドラッグ & ドロップで移動やコピーが可能。表示内のディレクトリ(フォルダ)へはもちろん、右の画面外へドラッグすれば、2パネルのときのもう一方のディレクトリに移動またはコピーができる。

 また、フォルダアイコン以外の名称部分を長押しして 現れるダイアログから、「パネルへ移動 ->」、「パネルへコピー ->」を選べば、2パネルのときのもう一方のパネルに移動、コピーができる。

ちなみに、2パネル表示にした状態から、縦長1パネル画面表示にすると、最後に操作したパネルの方が表示される。 

アーカイブ作成と解凍

前記と同じダイアログから、「アーカイブ」を選べば、zip圧縮ができる。その際、「パスワードを設定」にチェックを入れると、下にパスワード入力欄が表示される。

zip圧縮されたファイルを長押しして表示させたダイアログには、zipを解凍する「展開」、「展開先 ○○(展開先名称)」が表示される。



クラウドにファイルをアップ

前期と同じダイアログから、「送信」を選べば、クラウド(オンラインストレージ)などにファイルを送ることができる。

また、同じダイアログから、他のアプリと同様の「開く」、「切り取り」、「コピー」、「名前の変更」、「削除」、「プロパティ」なども選べる。

Android端末をFTPサーバーにする機能

共有用のディレクトリ(例ではを「/mmt/sdcard/」)を決め、下側の「メニュー」から、「ファイル共有」を選ぶ。「FTPサーバー」の画面が表示されるので、パスワードを決めて入力し、「開始」ボタンをタップする。ステータスが「アクティブ」に、ボタンは、「停止」のみタップできる状態にかわる。

LAN内のMac( Mac OS Ⅹ 10.6.8 )から、FTPソフトの Cyberduck.app(v4.2.1)
を使い、無線LANでFTP接続して、ファイルを出し入れしてみた。

「サーバ:」を「192.168.0.7」、「ポート:」を「9999」、「ユーザ名:」を「admin」にして、 Cyberduck.appのブックマークアイコンをダブルクリック。「ユーザ名:」が「admin」のパスワードを聞かれるので、「FTPサーバー」で入力したパスワードを入力。
以上の操作で接続して、ファイルを出し入れできる。

下画像は、Cyberduck.appで開いた「/mmt/sdcard/」ディレクトリのファイル一覧。
いちいちUSBケーブルで接続する面倒がなくて便利だが、 IdeaPad A1のWi-Fi接続が不安定なのが難点。



 各種カスタマイズ
縦画面、橫画面ごとにアイコンサイズ、表示テキストのサイズをプレビューを見ながら変更できる。ただ、縦画面、橫画面の切り替えが、ちょっと分かりづらい(下画像左)。
「メニュー」→「設定」→「外観」→「一覧をカスタマイズ」から。
アイコンの色合いを変更できる(下画像右)。
 「メニュー」→「設定」→「外観」→「カラースキーム」から。


Google Play 「Solid Expoler Beta2 」:

2012年9月13日木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 今日のGoogleホリデーロゴは、ドイツのピアニストで作曲家のクララ・シューマンの生誕193年を祝うイラストになっている。


クララ・シューマンは、 1819年9月13日 生まれ。 ドイツのピアニストで作曲家。 作曲家ロベルト・シューマ ンと結婚したため、姓がシューマンになっている。


幼い頃から、ピアノの天才少女として知られ、 19世紀のヨーロッパにおいて、トップクラスの人気を誇った女流ピアニスト。

ドイツでは、ユーロに代わる前まで使われていた100マルク紙幣に、彼女の肖像が使われていた。

イラストは、きれいなクララ・シューマンと可愛い子供達(クララの両腕の中に4人、その外側に4人。実際に8人の子持ち)に囲まれ、円形に並んだピアノの鍵盤、今にもピアノ曲が流れてきそうな気配なので、スクリプトを調べたり、いろいろなブラウザで開いてみたりしたが、残念ながら曲は仕込まれていない模様。下段真ん中の左の子だけが目を細めているのも気になったが・・・


2012年9月12日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 国土交通省が、「深層崩壊」に関して、過去の痕跡を分析して、地域の深層崩壊推定頻度マップを作成し、公表している。



 「深層崩壊」とは、表土層だけでなく、深層の風化した岩盤も崩れ落ちる現象。表層の崩壊によるがけ崩れなどより発生頻度は低いが、豪雨の際に大規模な土石流などの原因になり、大きな被害を及ぼすことがある。 

「深層崩壊推定頻度マップ」の一部抜粋、「判例」を上に移動

「報道発表資料」ページの解説によると
● 明治期(1868年)以降に発生した深層崩壊は、隆起量が大きい地域や特定の地質に分類される地域で多いことが分かり、これらの結果から日本全国の深層崩壊の発生頻度を推定した深層崩壊推定頻度マップを作成。
● このマップは、簡易な調査により深層崩壊の相対的な発生頻度を推定したものであり、各地域の危険度を示す精度のものではない。
● このマップに基づき、国土交通省では、以下のような対応を実施。
  • 深層崩壊の頻度が特に高いと推定される地域を中心にさらに調査を実施し、渓流(小流域)レベルで評価。
  • 渓流(小流域)レベルの評価によって、危険と判断された箇所については、必要に応じて天然ダムが形成される可能性などの調査を実施し、周辺や下流の自治体とともに警戒避難対策について検討。
● 学術的にも未解明な部分が多い深層崩壊について、学会等と連携しながら調査研究を進めるとともに、可能な対策の検討を進める。

深層崩壊推定頻度マップの他に以下も同時に公表されている(すべてPDF)。
深層崩壊推定頻度マップに示した深層崩壊発生箇所一覧表
深層崩壊に起因する土砂災害の事例
深層崩壊推定頻度区分の都道府県別構成比 

国土交通省「報道発表資料」ページ: