Subscribe Twitter

2011年11月29日火曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ 今年も年賀状を準備する季節に。もはや定番ともいえる無料の年賀状作成ソフト「はがきデザインキット2012」。同名のiPhoneアプリも加わってさらに充実。


PC版「はがきデザインキット2012」は
Adobe Airで動くソフトなので、別にAdobe Airが必要。サイズは7MBちょっと。

ダウンロードする際、昨年の「はがきデザインキット2011」など前のバージョンが入っていると、置き換えを求められる。その場合は、[ 置換 ]ボタンをクリック。

インストールが終わるとすぐに起動できる。
新しい機能が加わっているのにもかかわらず、あいかわらず動作は軽い。

はがきデザイン制作手順
  • まず、はがきの向きを縦位置か横位置か決める。
  • 左側の作業エリア白いはがきが配置されるので、左側下の「カラー」で地の色を決める。
  • 右側のテンプレート、干支、縁起物、フレーム、あいさつ文などのタブを選び、その中のパーツをドラッグ & ドロップで、作業エリアに追加していく。
  • パーツは四隅のハンドルを動かして縮小拡大が自由に。四隅の少し外側にポインターをずらせば、ポイター形状が変わり回転できる。
  • 透明度、ぼかしなどの効果をつけたり、パーツ同士の重なり順を変更もできる。
  • パーツ同士の整列(上下左右、中心に)も可能。
  • パーツはwebにもたくさん用意されているし、自分の写真、画像を読み込むこともできる。いずれもトリミング可能。
  • フリーハンドの線画、テキスト入力もできる。
  • スタンプは同じ形状をいくつも並べるときに便利。色を決め、作業エリアでクリックするだけ。縮小拡大、回転も可能。
  • 「取り消し」(一つ前の状態に戻す)、「やり直し」(取り消しの取り消し)もついているので、気楽に作業を進められる。
  • 出来上がったら、「保存する」をクリック、名前を付けて保存する。拡張子は「.ptc」。いつでも読み込んで編集、印刷ができる。
  • あて名面も作成できる。「あて名面作成」ボタンをクリックすると、あて名用住所録が表示される。昨年の「はがきデザインキット2011」で作成した住所録読み込み、他のソフトからcsv形式で読み込み、新たに住所録作成などして、レイアウトを決める。

PC版ダウンロードは「郵便年賀.jp」(日本郵便)から:
Adobe AIR ランタイム(無料)が必要。Adobe AIR ランタイムが利用できるPC、Macなどに対応。無料。


iPhoneアプリ版は
テンプレートに写真を組み込むタイプで簡易版といったところ。
年賀状テンプレートを選び、iPhoneに収納してある写真を配置、メッセージを入力して作成完了。
矢印に従って進めていく。PC版ほど細かいことはできないが、ペンツールで自由に文字や絵を書き込むことができる。

利用条件:iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降。無料。


Related Post:


0 コメント: