Subscribe Twitter

2013年6月23日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ iPod touch 第五世代のカメラを操作するため、 iPod touch 第三世代附属の マイク付きイヤホンを使ってみた。



iPhoneのカメラで撮影するとき、通常はシャッターボタンを長押しして、放した瞬間にシャッターが切れる。このとき、指を放さずわきへスワイプすれば、シャッターをキャンセルできる。

また、側面の音量ボタン「+」、「-」でもシャッターボタンの代わりになる 。
同じく、イヤホンマイクの音量ボタン「+」、「-」でも可能。

特にイヤホンマイクの場合は、本体に触らず、一眼レフのレリーズのようにシャッターを操作できるので、手ぶれの軽減をはかれる。

iPod touch 第五世代でも、側面の「+」、「-」で同じように利用できるが、イヤホンマイクは使えない。

というのは、iPod touch 第五世代のイヤホン(この世代から附属している EarPods)には、なぜかマイク部分がない。iPhoneとiPod touchを明確に差別化するためなのか詳しくはわからないが。

iPod touch 第三世代付属のマイク付きイヤホンを、第五世代に装着
そこで、iPod touch 第三世代付属のマイク付きイヤホンを、第五世代に装着して試してみた。結果、問題なく使える。
下の画像左が、iPod touch第五世代付属のEarPods、右が第三世代付属のマイク付きイヤホン。

カメラの場合は、「+」、「-」どちらでも、シャッターが切れる。また、ビデオの場合は、「+」が開始、「-」が停止になる。

ただし、いずれの 「+」、「-」でもシャッターは押した瞬間に切れる。

本来の音楽用のリモコンとしてももちろん使える。
センターボタン1度押し: 音楽停止・再生 のトグル
 センターボタン2度押し: 次の曲
 センターボタン3度押し: 前の曲
 センターボタン2度(2度目長押し):早送り再生
 センターボタン3度(3度目長押し):巻き戻し再生 

Apple Storeなどで販売されているマイク付きEarPods(2800円)を購入すれば、多分同じことができると思うが、とりあえずは第三世代のマイク付きイヤホンで十分かな。

ついでに、別メーカーのBluetoothイヤホンも試してみたが、マイク、一時停止などは対応しているが、音量の「+」、「-」ボタンは自身の音量調節のみで、iPod touch側の音量には非対応らしい。そのためか、シャッターとしては機能しなかった。


Related Post:


0 コメント: