Subscribe Twitter

2012年5月23日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 今日5月23日のGoogleのホリデーロゴは、モーグ・シンセサイザーの開発者 ロバート・モーグの生誕78周年を祝うモーグ・シンセサイザーのイラストになっていて、実際に音が出る。


ロバート・モーグ(Robert Moog)は、1934年5月23日生まれ、アメリカ合衆国の電子工学者でモーグ・シンセサイザーの開発者。

イラストは、いつものホリデーロゴとは違って「Google」の文字が図案化されたものではなく、リアルなモーグ・シンセサイザーのみ!?かと思ったら、MIXERなどのダイヤル部分で「GOOG」、コードで「le」とちゃんと入っていた。

しかもこのイラストは、細かくイメージマップ化されていて、キーボード、ダイヤル部分を操作すると音が出る。Javascriptで実装された仮想モーグ・シンセサイザーになっている。

右側の赤丸をクリックするとテープが回りだし、演奏を録音、四角のボタンで録音終了、右向き三角ボタンで再生してくれる。ちゃんとメーターも振れる。なかなか凝った作りになっている。

ちなみにこの仮想モーグ・シンセサイザー、古いブラウザには非対応のようで、Mac OS X 10.4.11のSafari4.1.3やFirefox3.6.28では動かなかった。

Mac OS X 10.6.8のSafari5.1.5やGoogle Chrome19.0.1084.46、Windows 7のInternet Explorer9やFirefox12.0では、動作を確認できた。




Related Post:


0 コメント: