Subscribe Twitter

2012年7月5日木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Googleのウェブ検索ヘルプ「iGoogle の今後」によると、iGoogleのサービスが廃止されるらしい。


Android
昨日の何時頃から、表示されていたのか記憶にないが、「iGoogle」のページを開くと、『 iGoogle はまもなく終了します 』の表示が出ている。あまり気に留めず、やり過ごしていたが、夕方になって、作業が一段落したところで、クリックしてみると、以下の時期に「iGoogle」は廃止すると記されていた

iGoogle(PC版) は 
16 か月後の 2013 年 11 月 1 日をもって廃止

iGoogleモバイル バージョンは 
2012 年 7 月 31 日に廃止
(モバイルバージョンは、もう間もなくじゃないか!)

廃止の理由を見ると(「iGoogle の今後」から引用)
  • この決定に至った理由
  • 最初に iGoogle を発表した 2005 年当時は、パーソナライズされた情報をウェブ アプリやモバイル アプリを使用してリアルタイムで簡単に操作できる日が来ようとは誰も想像していませんでした。Chrome や Android などのプラットフォームで動作する最近のアプリでは、iGoogle のようなサービスの必要性が徐々に失われてきたため、2013 年 11 月 1 日をもって iGoogle を廃止することになりました。16 か月間は iGoogle のデータを簡単に調整、エクスポートできます。
iOS
ChromeAndroid を利用せず、他のブラウザで iGoogleを活用し、使いやすくカスタマイズしてきた方たちはどうなのだろう。私自身は、Chrome や Android が今すぐなくなっても特に困らないが、iGoogleがなくなるのは、仕事上でもプライベートでも困る。PC版は、16か月間の猶予があるものの、どうしたものか。

去年の暮れから今年にかけて、デザインを一新したと発表していたように思うが。古いSafariが非対応になってしまい、いろいろ苦労した記憶がある。無料のサービスなので、運営者側が廃止するといったら、それに抗う術はないが、なにか割り切れない。

日本国内(海外でもいいが)のベンダーさんで、同様のサービスを作ってくれないだろうか。自分のようにiGoogleを多用しているユーザー数はどのくらいになるか知らないが、少なくはないはず。そのユーザーを獲得できるチャンスだと思うが。

iGoogle の今後:


Related Post:


0 コメント: