Subscribe Twitter

2012年1月18日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ Googleロゴがアジア初の長編アニメ『西遊記 鉄扇公主の巻』を制作した万籟鳴と万古蟾の双子の兄弟の生誕112周年を祝うアニメになっている。


万籟鳴(ウォン・ライミン)と万古蟾(ウォン・グチャン)の誕生日は
1900年1月18日。


Wikipediaによると、
万兄弟は、1930年代後半の日本による占領下にあった中華民国の上海で、アジア初の長編アニメーション映画『西遊記 鉄扇公主の巻』を制作し、映画は1941年1月1日に公開、上映された。上映時間は73分。

ちなみに「鉄扇公主」とは『西遊記』の登場人物である牛魔王の妻・羅刹女のこと。

この映画は、全世界では12番目の長編アニメーション映画にあたり、1942年には、日本にも輸出され、当時16歳の手塚治虫にも影響を与えたらしい。とても興味深い。

YouTube・中國經典動畫《鐵扇公主》中國聯合影業公司1941 導演:万籟鳴 万古蟾.f4v

今回のGoogleロゴは、オープニング時のアニメに加え、各パーツをクリックしても音声付きで動き出す。オンマウス用孫悟空の顔2枚のスプライト画像、背景画像、その他のパーツの動きを出すためのスプライト画像(横サイズ 7590ピクセル)の3枚で構成されている。

孫悟空の顔2枚のスプライト画像
背景画像

パーツの動きを出すためのスプライト画像(7590ピクセルのごく一部・縮小)

Related Post:


0 コメント: