Subscribe Twitter

2013年10月28日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ OS X 10.9(Mavericks)のアップグレードは、対象のMac Book Air内蔵のOS X 10.8.5に触らずにバックアップ(クローン)を作成、それをMac Book Airに接続してやってみた。「復元」を使用。


10月22日付けでリリースされたOS X 10.9(Mavericks)だが、無料でかつシステム条件が、OS X 10.6.8以降、2GBのメモリ、8GB以上のハードドライブ空き容量、とかなり古めのMacも対応するのがありがたい。

とはいえ、あまり古い機種では、Mavericksの本領を確認できない可能性があるので、Mac Book Air(Mid 2011、メモリ4MB、SSD128GB)に入れることにした。


このMac Book Airは内蔵がOS X 10.8.5、外付けSSDでOS X 10.7.5と二つのOSで起動できるようにしてある。前回、Mountain Lion(OS X 10.8)にアップする際には、USB外付けとして起動できるOS X 10.7のバックアップ(クローン)を作成し、内蔵のOS X 10.7をOS X 10.8にアップグレードした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ かなり古めのMacまで幅広く対応するOS X 10.9(Mavericks)だが、自分の機種がアップグレードできるかどうかを簡単に確認する方法。


Mavericks は、無料でかつシステム条件が、OS X 10.6.8以降、2GBのメモリ、8GB以上のハードドライブ空き容量、とかなり古めのMacにも幅広く対応する。

とてもありがたいが、発表されているMavericks と互換性のあるMacのモデルは次のように、Early、Mid、Lateが付いた年代別の表現になっていて、古めのMacでは確認しづらい。

OS X Mavericksと互換性のあるMacのモデル
  • iMacMid 2007以降)
  • MacBookLate 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook ProMid/Late 2007以降)
  • MacBook AirLate 2008以降)
  • Mac miniEarly 2009以降)
  • Mac ProEarly 2008以降)
  • XserveEarly 2009

2013年10月23日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ OS X Mavericksがリリースされた(10月22日付け)。Mac OS X 10.6.8 以降のMacが対象、無料でアップデートできる。


200を超える新機能が加わったと言われるOS X Mavericksが、10月22日付けでリリースされたが、なんと無料でアップデートできる。アップデートはApp Storeから。


前OSのMountain Lionのアップデート料金は1700円だったので、ちょっとサプライズ!

2013年10月22日火曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Windows 8.1にアップデートしたHP 2133(英語キーボード)で、キートップと実際の入力文字が違ってしまう問題が再発したので、これを修正した。


先日、「Windows 8.1Pro with Media Center」にアップしたHP 2133(英語キーボード)でこの機種固有のキーボード問題が再発した。

キーボード問題というのは
「101英語キーボード」でなければいけないはずが、勝手に「106キーボード」に設定されてしまい、キートップと実際の入力文字が違ってしまうもの。

これまで「101英語キーボード」に修正して使っていたが、アップデートしたため、再度「106キーボード」に再設定されてしまったもよう。

2013年10月20日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Windows 8.1アップデートがリリースされたので、ちょっと非力なノートPC・HP2133を無償アップデートしてみた


Windows 8 Proがなんとか動くといった感じのHP2133だったので、8.1にアップしたら動作が少しましになるかも…と思い試してみた。Windows 8がインストールされている機種は無償で8.1にアップできる。

Windows 8 Pro
Windows 8.1 Pro


ネットの情報から、Windows 8.1アップデートは「ストア」画面の左端に現れる、ということだが、HP2133では出ない!

ヘルプを見ると、どうやら更新プログラムの「KB 2871389」が適用されていないといけないらしい。Windows機はもっぱら「7」を使っていて、「8」は触る機会が少なく、自動更新もしていなかったため、適用していない更新が溜まりに溜まっている状態だった。この更新を入れるだけで半日近く費やしてしまった。