Subscribe Twitter

2012年11月23日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 無料で5GBまで利用できるオンラインストレージサービス「Amazon Cloud Drive」が日本でも開始されたので、試してみたが、アップしたファイルが反映されない不具合が発生?かと思ったら…。



11月15日、Amazon.co.jpは、無料で5GBまで利用できる「Amazon Cloud Drive」を開始した。米国Amazon.comでは2011年3月に同サービスを開始していて、今回、やっと日本のAmazon.co.jpでも利用できるようになった。

Amazon Cloud Driveの利用
すでにAmazon.co.jpのアカウントを持っている場合は、特に新たな手続きは不要で、ログインして、トップページの「Cloud Drive」(上の画像)をクリックするか、「アカウントサービス」にオンマウスして表示されるサービスの一覧の中にある「あなたのCloud Drive(右の画像)を選べば、Cloud Driveの画面に移動する。

利用規約に同意すれば、すぐに利用できる。(利用規約に同意する画面はどのタイミングで出たのかはちょっと失念)




Cloud Drive画面にはすでに「ドキュメント」、「ビデオ」、「写真」のフォルダが用意されている。もちろん新しいフォルダの追加やすでにあるフォルダの名称変更も可能。
新しいフォルダの追加は「新しいフォルダ」ボタンをクリック。フォルダ名を入力して、「フォルダを保存」ボタンをクリック。
フォルダの名称変更はフォルダアイコンの左側をチェックしておき、「その他のアクション」ボタンをプルダウンして、「名前の変更」を選ぶ。変更するフォルダ名を入力して、「名前の変更」ボタンをクリック。
このあたりの操作は、他のオンラインストレージとほぼ同じ。
早速ファイルをアップロードしようと「ファイルをアップロード」「ファイルをアップロード」ボタンをクリックしたところ、「ファイルのアップロードの準備中」画面が出て、少し待つと「Cloud Driveアプリ」の入手に関する表示が表示された。このアプリを使えば、フォルダごとアップロードできるらしいので、これを使わない手はない。

アプリを入手」ボタンをクリックして、Cloud Driveアプリをダウンロード。
ちなみにインストールするのは、Mac OS X 10.6.8。アプリの対応は、Windows Vista、Windows 7、Mac OS X 10.6、Mac OS X 10.7となっているが、後で確認などのためインストールしたMac OS X 10.8.2でも問題はなかった。
「AmazonCloudDrive.dmg」がダウンロードされるので、自動でマウントされなければ、ダブルクリックしてマウント。

「Amazon Cloud Drive.app」を「アプリケーション」にドラッグしてコピー、インストール終了。
「Amazon Cloud Drive.app」をダブルクリックで起動。Mac OS X 10.8.2の場合は、「Java SE 6」のインストールも促された。

Amazon.co.jpのアカウント(メールアドレス、パスワード)を入力して「サインイン」ボタンをクリック。

利用規約に同意して「続行」ボタンをクリック。いくつか解説画面が出るのですべて「続行」ボタンをクリック。




ファイルアップロード
「Amazon Cloud Drive.app」を起動させていれば、アップロード方法はいろいろ選べる。

(1)メニューバーの「Cloud Drive」アイコンにファイルをドラッグ。


(2)「Cloud Drive」アイコンから
アップロードウィンドウを開いておき、そこへファイルをドラッグ。





(3)ファイルを右クリック、コンテキストメニューから「サービス」→「Amazon Cloud Driveにアップロード」を選ぶ。







    …というような具合で、画像ファイルやら、テキストファイルをいくつかアップロードした。ここまで順調。
    ところが後日、
    アップロードしたファイルを確認しようと、ブラウザでAmazon.co.jpのCloud Driveにアクセスしてみると、フォルダはみな空っぽ、ファイルが一つも入っていない!
    不具合か?なにか操作をミスしたか?とちょっと焦った。
    いろいろ調べた結果
    メニューの「Cloud Drive」アイコンをプルダウンして「Cloud Driveのウェブサイトを開く」を選択して、アクセスすると、Amazon.co.jpではなく、Amazon.comに接続される。
    ここで思い出した。日本Amazonのサービスの開始まで待てなくて、数週間前にAmazon.co.jp同じアカウントでAmazon.comにサインインしていた。このときの主な目的は、AndroidタブレットLenovo A1にバンドルされていた「Kindle」を試すことだったが。
    Amazon.comに接続し、サインインすると、アップロードしたファイルがすべてここにあった。

    つまり、同じアカウントで、日本と米国の両方のCloud Driveを利用していることになる。Amazon Cloud Drive.appは日本語表示なので、Amazon.co.jpに繋がると思い込んでいたので、Amazon.comのほうになるとは!Mac OS X 10.8.2のほうでも試したが同じ結果になる。

    Cloud Driveが使えるなら、日本語でも英語でもかまわないが、日本語名のフォルダをアップすると文字化けするなどAmazon.comではやや問題がある。
    できれば、Amazon.co.jpのほうに接続したいが、Amazon Cloud Drive.appを再インストールしてもダメだった。

    Amazon.comのほうのアカウントを削除すればおそらくAmazon.co.jpのほうに接続できると思うが、米国のAmazon.comのほうが機能は豊富だし、なによりもCloud Driveと連動した「Cloud Player」が使える。現時点で日本Amazonでは、Cloud Driveと「Cloud Player」は連動していない。

    ただし、米国のAmazon.comの「Cloud Player」を使うためには、新たにクレジットカードの登録が必要。他にもiOSやAndroidのアプリとの連動などを考慮する必要があるので、今の状態でしばらく保留しておくことにした。今後どうなるか分からないが。
    米国のAmazon.comの「Cloud Player」については、また後日ご報告。
    自分と同じ状況の方がいるかもしれないので、とりあえず日本AmazonのCloud Driveのほうにファイルをアップロードする方法(ブラウザからアップ)。
    • Amazon Cloud Drive.appを終了しておく。
    • ブラウザで日本AmazonのCloud Driveに接続。
    • 「ファイルをアップロード」ボタンをクリック。
    • 「ファイルのアップロードの準備中」画面が出て、少し待つと「Cloud Driveアプリ」の入手に関する画面が表示されるので、「今後通知しない」をチェック(次回からこの画面をスキップするため)。
    • アップロード画面になる。格納先フォルダを選び、「アップロードするファイルの選択…」をクリックしてローカルのファイルを選ぶ。
    • ファイルがアップロードされる。

    日本Amazon Cloud Drive:https://www.amazon.co.jp/clouddrive/
    米国Amazon Cloud Drive:https://www.amazon.com/clouddrive/

    2012年11月19日月曜日

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ◎「Evernote 5 for Mac 」正式版の新しいUIの進化がすごすぎる!



    11月5日に「Evernote 5 for Mac 」のベータ版、11月9日に「Evernote 5 for iPhone, iPad and iPod touch」 が公開されていたが、それに続いてベータ版からわずか10日余りの11月16日、「Evernote 5 for Mac 」正式版が公開された。
    Evernote 5 では、100 以上の新機能を搭載:
    ということだが、ちょっと半信半疑でMac App Storeからダウンロードしてみた。
    使用したMacは、 Mac OS Ⅹ 10.6.8 。ちなみに対応は 10.6.6 以降、無料。 

    よくうたい文句にある「○○以上の新機能」といっても目に見える変化は期待ほどなかったりするものだが、Evernote 5は場合は、いい意味で裏切られた。起動しただけで、明らかに進化していることが分かる!

    左側のサイドバー(パネル)が進化 
    黒塗りされた左側のサイドバー(パネル)にノートブック(ノートの集合体)、ノート、タグををドラッグして登録すると、スピーディーにファイルにアクセスできるショートカットになる。また最近更新した最新のノートも5個までここにショートカットとして表示される。

    その下に、「ノート」、「ノートブック」、「タグ」、「地図」、「トランク」の5つのボタンアイコンが並び、ここから右側のメインのパネルの表示内容を切り替える。

    基本的な情報の表示は、「カード」という縦横180ピクセル位のカード型のタイトル情報アイコンになる。従来のカードは縦長のものだったが、それをやや大きめの正方形にした感じで見やすくなった

    左側のサイドバーから「ノート」を選ぶと、従来のようなパネル構成で、このカードを中央パネルに並べて表示し、一つを選択すると、右側のメインパネルに表示され、編集できる(カードビュー)。また、「カード」をダブルクリックすると、独立した大きな画面サイズ(全画面表示も可能)で編集できるノートエディタが起動する。

    オプション
    このとき、「オプション」アイコンをプルダウンして、ビューを変更できる。基本的な「カードビュー」の他に、右側全面をアイコンにする「展開したカードビュー」、タイトル情報をカードではなく、横長にした「サマリービュー」、タイトル情報をリスト表示する「リストビュー」が選べる。従来のビューに「展開したカードビュー」が加わっただけだが、格段に情報へのアクセスが分かり安くなった。

    左側のサイドバーから「タグ」を選べば、タグが右側全面に一覧表示され、タグを選んで、そのタグの付いたノートを一覧表示できる。タグの編集は、タグのアイコン右クリックでできる。
    タグ表示は、名称、ノート数で並び替えできる。

    また、左側のサイドバーの「ノートブック」と「タグ」のボタンを右クリックすると、それぞれボタンの下にタイトルの一覧がリスト表示される。次の画像の左側のサイドバーに「タグ」のリスト表示。

    「ノートブック」ボタンを選ぶと、ノートをまとめたノートブックをアイコン型、またはリストで表示できる。「名称」、「ノート数」、「更新日時」で並び替えできる。

    「地図」ボタンを選ぶと、ノート作成時の位置情報に基づいた地図型アイコンでまとめて表示してくれる。この位置情報は変更も可能。

    ノートを選択して、右上の「i」(ノート情報)ボタンをクリックすると、ノートの位置情報を含むインフォメーションを表示してくれる。ここで位置情報を変更できる。

    「トランク」ボタンを選ぶと、Evernote関連のアプリなどの情報にアクセスできる。ネットに接続していないとこのボタンは選択できない。

     Evernote 5 の新しいUIは有料のプレミアムユーザーはもちろん、無料のユーザーもすべて利用できる。

    Evernote 5 for Mac の新機能:

    Evernote(Mac App Store):
    •無料
    •バージョン: 5.0.0
    •サイズ : 28.0 MB
    •条件: OS X 10.6.6 以降

    2012年11月12日月曜日

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ◎ 今日のGoogleホリーデーロゴは、オーギュスト・ロダンの生誕172周年を祝う 彫刻「考える人」のイラストになっている。



    オーギュスト・ロダンは、 1840年11月12日生まれ、19世紀を代表するフランスの彫刻家。

    絵描きを志した高校生の頃、よく上野の西洋美術館でロダンの彫刻を眺めた。
    『考える人』『地獄の門』『カレーの市民』、その写実性の迫力に圧倒されたことを思い出す。エスプリという言葉もこの頃覚えた。

    今回のGoogleホリデーロゴは、いたってシンプルなpng画像、当然のことながら全体を青銅のマチエールで表現している。

    http://www.google.co.jp/

    2012年11月10日土曜日

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ◎ こんな時間だけど、今日のGoogleのホリデーロゴのイラストが気になった。「ハチ公 生誕 89周年」、誕生日まで分かる犬って、そうはいないと思う。



    愛称「忠犬ハチ公」で知られる秋田犬のハチだが、渋谷駅の前で帰らぬ飼い主を待ち続けた美談は有名で、駅前の銅像になり、私の子供の頃、すでに渋谷駅前で待ち合わせをする際の目印のひとつとして、名所になっていた。

    しかもWikipediaには、ハチの誕生日「1923年(大正12年)11月10日」まで載っているし、青山霊園には飼い主の隣に墓所まである。

    現在の銅像は、終戦後に再建されたものらしいが、以前は確か北を向いていたと思うが、駅前広場が拡張された際に移動され、向きも変わったらしい。

    ハチが飼い主を待ち続けたのどかな時代がしのばれる。今だったら、放されて移動している秋田犬がいたら通報され、捕獲されるに違いない。

    Googleホリデーロゴは、丁寧に描かれている。ハチの等身はやや頭が大きく可愛らしさが強調されている。左側の耳が折れているあたり、本物の写真に合わせていて芸が細かい。
    ところで、「Google」の文字はどこに使われているのか気になるところ、探したら鉄道の枕木部分が文字になっている。しかし、二つ目の「g」が見つからない。ハチがくわえている帽子あたりか? 今回はちょっと分からなかった。

    http://www.google.co.jp/

    2012年11月3日土曜日

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ◎ 11月2日配信のSafari 6.0.2アップデートを適用させようとすると、「(NSURLErrorDomain エラー -3001)(102)」というエラーになることへの対処。



    日付が3日にかわって、持ち帰り作業をすすめていたところ、MacBook Air(Mac OS X 10.8.2)のSafariの6.0.2アップデートがあることに気づいたので、適用させようと、App Store画面から[アップデート]をクリックしたところ次のようなエラーになった。

    「エラーが発生しました 操作を完了できませんでした。(NSURLErrorDomain エラー -3001)(102)」

    同時にXcodeとiPhotoのアップデートがあったが、こちらは問題なく適用できた。

    調べてみると、「-3001」というエラーは、サーバーに置かれているアップデート用ファイルに問題があることを示しているらしい。

    解決策

    アップデートファイル「Safari6.0.2Mountain.pkg」を直接ダウンロードして、適用させる。

    右画像がダウンロードしたパッケージファイル

    このファイルをダブルクリックして、無事にアップデートの適用が終了した。

    途中、Safariを起動させていたため終了させるようにとのアラートが出たが、Safariを終了させてアップデートを継続、問題は生じなかった。

    ちなみに今回のアップデートは、「WebKit」における脆弱性2件を修正するものらしい。

    「Safari6.0.2Mountain.pkg」のダウンロード URL:



    追記3日午前5時16分現在、上記のURLは「404 Not Found」になっています。

    追記:転記する際、余計な半角のスペースが1つ入ってしまった単純ミスでした。URLを修正しましたので今はダウンロードできます。なお、ソフトウェアアップデートのほうも3日午前中に回復したもようです。