Subscribe Twitter

2012年10月24日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ 昨夜からApple Storeが準備中になっていたので、これは…、と思っていたら予想通りiPad miniが発表された。



昨夜、Macなどのスペックの比較でApple Storeを覗いてみようとしたら、準備中になっていたので、噂どおりの新製品の発表か、と予想していたら、そのとおりだった。

iPad mini、iPad(第4世代)Retinaディスプレイモデル、MacBook Pro、iMac、Mac mini とApple Storeの各ストアに「NEW」の文字が並ぶ。

中でももっとも気になっていたのは、iPad mini。最初のiPadが出たときから、片手で持っていても疲れない軽量、小型のiPadを希望していた自分としては、待ちに待った感がある。

希望していたサイズの7インチよりやや大きな7.9インチ(ほとんど8インチ)だが、iPad2などに比べれば、持ち運びはずっと楽なはず。現在使っている7インチAndroidタブレット専用のバッグにも収まる。

重量もWi-Fiモデルで308gと、iPad2などの約半分で、7インチAndroidタブレットの400gよりもかなり軽量というのはありがたい。

iPad mini
高さ:200 mm
幅:134.7 mm
厚さ:7.2 mm
重量(Wi-Fiモデル):308 g
重量(Wi-Fi + Cellularモデル):312 g
IPSテクノロジー搭載7.9インチ(対角)LEDバックライトマルチタッチディスプレイ
1,024 × 768ピクセル 解像度 163 ppi
耐指紋性 撥油コーティング

プロセッサは、デュアルコアA5チップで、iPad2と同じ。
コネクタのLightningや、FaceTime HDカメラ、iSightカメラなどは、新しいRetinaディスプレイモデルと同じ。

iPadを比較する  - Apple Store (Japan):


2012年10月21日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ b-mobile WiFiルーターBM-MF30で、SIMは日本通信のBM-U300L-6MSを2年半使ってきたが、新しい楽天 LTE のエントリープランを試してみた。SIMのプロファイル書き換えでちょっとドタバタ!



MF30
BM-U300L-6MSとは、「b-mobile3G・4G U300 6ヶ月使い放題パッケージ」で、185日間使い放題のSIM。購入した分だけ使えて、解約手数料などがないという分かりやすさが魅力で、作業場のネット接続に障害が発生したときの臨時の代替えという位置づけで使ってきた。もちろん外出時には持って出て、メールやwebページの確認にも使ってきた。

ただし、通信速度は、ベストエフォートで上り下りともに300Kbpsなので、動画などは厳しい。

このSIMを半年ごとに買い替え、4枚使い終えた(2年間)とき、たまたま忙しくて、新しいSIMを買いに行く暇がなくて、オンラインチャージした。このとき臨時のつもりだったので1ヶ月分にしたが、オートチャージにしたまま、気がつけば半年経ってしまった。

6ヶ月パッケージの値段は14,900円、それに対して、オートチャージ1ヶ月分は2,980円 、それをかける6ヶ月だと計17,880円 、だいぶ割高になってしまった。

そんな折、楽天ブロードバンド LTEの安いSIMを見つけた。今まで使ってきたb-mobile WiFiルーターBM-MF30(以下MF30)が使えるということなので、エントリープランを契約して試してみた。

エントリープラン:高速通信200MBまで75Mbps(容量超過後は100Kbps)、月額980円。スピードは、LTE圏内の最大で、上り75Mbps、下り25Mbps 。

SIMの差し替えと設定
MF30は、他の機器と同様、バッテリーを外すとSIMスロットが露出する。ちなみにMF30で使えるのは、標準SIM。

SIMを楽天LTEのものに交換。画像は、MF30に楽天LTEのSIMを差したところ。その下の左側が、楽天LTEのSIMがついていたカード。右側がこれまでの日本通信のBM-U300L-6MSのSIMとカード。

MF30の電源を入れ、電波が安定したところで、Mac(Mac OS X 10.6.8)から「b-mobile WiFi」を選び、「192.168.0.1」で接続。

「設定ツール」のログイン画面が表示される。

ここで問題発生。2年半前にデフォルトのパスワードを変更していたのをすっかり忘れていた。よく使いそうなパスワードをいろいろ入れてみたがダメ。
仕方ないので、MF30をリセットして工場出荷状態に戻すことにした。

ハードリセット方法 MF30のユーザーマニュアル(PDF)に次のように載っている。
ハードリセット
・本製品を工場出荷時状態に戻すには、電源とWPSの2つのボタンを同時に約10秒間押します。
・本製品をリセットすると、ご購入後に設定した内容はすべて削除されます。 十分ご注意の上、リセッ トを行なってください。

※筆者注:文書の構造上、一部(「電源とWPS」の部分)を書き換えています。
記載された手順が簡略すぎるので、実際にやってみた感じをもとに加筆。
  • 「どのタイミングで2つのボタンを同時に押すのか?」が書かれていない。これは、電源を入れておいた状態から。
  • 約10秒間と書かれているが、もう少し長い感じ。機器の個体差があるかもしれない。
  • 同時押しの後に同時にはなす。電源が自動で切れ、再度電源が入る。この状態でリセット完了。
  • なお、リセットしても、日本通信のSIM U300用のプロファイルは残る。

マニュアルに書かれたデフォルトのログインネームとパスワードでやっとログイン。

「設定ツール」のホーム画面から「アドバンスト設定」をクリック

左側メニューの「3G設定」から「APN設定」でプロファイルを楽天LTEの設定に変更する。書き換える設定は、SIMと同時に届いた説明書に記載されている。

ここでまたちょっとひっかかってしまった。
従来のb-mobile WiFの設定プロファイルを単純に書き換えればいいと思い込んでしまった。しかし、書き換えができない。ブラウザの問題かと思い、別なMacのバージョンの違うSafariでやってみてもダメ。

そうこうしているうちに、プロファイルを追加しなければならないことにやっと気がついた。この辺りについてもマニュアルPDFに書かれていた。マニュアルをよく読まない癖が仇になり、30分の時間をロスした。

「APN設定」画面の下にある「追加」ボタンをクリック。フォーム内の書き込み欄の内容が消え、新規のプロファイルの書き込みができる。

「プロファイル名」は自分が分かりやすいものでかまわない。とりあえず「rakutenbb」として、「APN」、「ユーザ名」、「パウワード」を説明書通りに入力、「認証タイプ」は「CHAP」を選択。なお、「APN」は同じdocomoの回線を利用するので同じ。

下のボタンから「保存」をクリック。ついで、「デフォルトに設定」ボタンをクリック。これでMF30を介して楽天LTEの回線に接続ができる。

また、「プロファイル選択」のセレクトボックスから以前のプロファイルに切り替えることも可能。

なお、プロファイル設定のところで、回線に接続したままだと、「保存」や「デフォルトに設定」のボタンは押せない。下画像のようなアラートが出る。

その時点で新しいSIMの回線にはまだ接続できないので、従来のSIMを差したまま、回線に接続した状態で「設定ツール」にログインしている場合が考えられる。そのままプロファイルを新しく設定するなら、一旦回線を切る必要がある。左側メニューの「3G接続」をクリックして、[接続設定]を「手動接続/切断  [切断]」をチェックして、下の「適用」ボタンをクリックして回線を切る。プロファイルの設定が終わったら、[接続設定]を「自動接続」に戻しておく。

このままで、docomoのLTE 回線網内で LTE 接続できるが、他人も接続できてしまうので、パスワードを設定する。
左側メニューの「Wi-Fi設定」をクリックして、「暗号化設定」を選択して、「暗号化方式」や「WPAアルゴリズム」を選んで、「パスフレーズ」にパスワードを入力して、下の「適用」ボタンをクリックする。


スピードを実感
杉並区、渋谷区、西新宿でそれぞれ屋内と屋外で接続してみたが、いずれの場所でも以前のSIMと比べて、ベストエフォートの数値ほどの差はなさそうだが、LTEのほうが明らかに早い。webページを開くときに長々と待たされることはない。MF30表側のインジケータの信号強度表示もほとんど緑色が点灯(信号強度良好)になる。以前のSIMでは、緑色が点灯することは滅多になかった。

問題なのは高速通信の容量の限度、エントリープランで使えるLTEは200MBまでなので、それを超えてしまったときがやや心配、100Kbpsとなると、数値的に以前のSIMの3分の1しかない。

おそらく、容量超過後の容量追加などのサービスも登場すると思うので、それに期待したいところ。容量追加の料金があまり高くなるようなら、月額2,980円のアクティブプランに乗り換える選択肢もある。月額2,980円というのは、今まで使ってきたSIMのオートチャージ1ヶ月分と同額なので

b-mobile WiFiルーターBM-MF30のユーザーマニュアル(PDF)は、
http://www.bmobile.ne.jp/wifi/ から「仕様・価格」のページにダウンロード用のリンクがある。また、「設定ツール」のホーム画面からも同じPDFを開くことができる。

楽天ブロードバンド LTE:http://broadband.rakuten.co.jp/lte/

2012年10月15日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Dropbox を無料アカウントで利用していると、容量はわずか2GBしかないので、Androidタブレット Lenovo IdeaPad A1とMacを使い、Camera Uploads機能で3GB分増やしてみた。



Dropbox は、かなり以前から利用しているが、他の無料オンラインストレージが容量も多く、使い勝手も良いことから、最近は使う機会があまりなかった。ところが、Dropbox はリッチテキスト(.rtf)ファイルの扱いが優れていることに気づき、これからまた多用することになりそうなので、とりあえず無料で使える容量を増やすことにした。
Dropbox の無料で使える基本の容量はわずか2GB、これまでに獲得したボーナス容量を加えても、3GBに届かない。

無料の容量を増やす方法はいろいろあって、最大で20GB近くまで増やすことができるようだが、面倒なものが多い。

チュートリアルの「はじめに」を利用して増やしていくのは、 使い方の学習を兼ねているのでともかくとして、友人を招待する方法などは、 自分の意思だけでは完了できないし、クイズ形式のQuestでも増やせるが、不定期なイベントだし、出題が英文のみなので時間を要してしまう。

とりあえず他のオンラインストレージの平均的な容量の5GBもあれば良いので、Camera Uploads機能を利用することにした。Camera Uploadsは、比較的最近になって追加された機能(Dropbox.app v1.4.7の頃から)だが、500MGの写真やムービーのファイルをアップロードするごとに500MGの容量が追加される。上限は3GBまで。

Camera Uploads機能の使い方
基本的にはモバイルのカメラロールを対象にしたものなので、自分の場合は、Androidタブレット Lenovo IdeaPad A1をMacに繋いで行った。

利用したMacは、Mac OS X 10.6.8、Dropbox.app  v1.4.12 をインストール済み。Dropbox.appを起動させておき、設定から、「Dropbox カメラインポートの有効化」をチェックしておく。

タブレットの外付けSDカードの「DCIM」フォルダを有無を確認する。もし無ければ、手動で作成する。

「DCIM」フォルダの中に、写真かムービーのファイルを合計で3GB分入れておく。
3GBの容量の空きが無ければ、小分けしてもかまわない。自分の場合は、ムービーファイル(拡張子mp4とflv)を4つ計2.18GBを入れておいた。

外付けSDカードを差し込んだタブレットをUSBケーブルでMacに接続する。

「Dropbox カメラアップロード」のダイアログ画面が表示されるので、「インポートの開始」ボタンをクリックする。

ちなみに、Camera Uploads機能の上限に達している場合(多分)は、ダイアログ画面が表示されずに自動でアップロードが開始される。

ファイルのアップロードが開始され、アップルメニューのDropboxアイコンがカメラ型に変わる。

ファイルをアップロードが終わって、Dropboxアイコンが元に戻っても直ぐに容量は増えない。アップロードしたファイルが同じアカウントで同期している他のデバイスでインデックス化されるまで容量は元のまま。Camera Uploadsの場合、アップするサイズが大きいのでやや時間がかかる。翌日まで放置しておくくらいの気長さが必要。

容量が増えたら、アップしたムービーファイルは削除してフリーエリアを確保する。
なお、今回増えた容量は2.5GB(少し前にCamera Uploadsでアップした写真の分が430MB位で計2.6GB程)。また、今回の増量以前に、チュートリアルやその他で増やしているため、今回増やした2.5GBを含むボーナス記憶領域は3.42GB、基本の2GBを合わせて、5.42GBになった。

「ボーナス記憶領域」のページで、ボーナスのタイプと獲得した記憶領域の内訳を確認できる。
ボーナス記憶領域のページへは、「ボーナス記憶領域」タブを選ぶか、ログインした状態で以下のURLで直接移動する。

Camera Uploadsという名称だが
今回はAndroidタブレットを使ったが、SDカードやUSBメモリなど外付けメディアだけでもかまわない。外付けメディアの中に「DCIM」フォルダを作り、そこにファイルを入れ、MacやPCにDropboxアプリを起動させておいて、接続すれば、「Dropbox カメラアップロード」のダイアログ画面が表示され、アップロードができる。

Camera Uploadsの上限3GBまで残り0.5GBあったので、実際にSDカードのみを使って500MBのムービーファイルをアップし、3GBまで増やした。その結果、すべてを合わせると、5.92GB。

なお、このボーナスタイプ「Camera Uploads」のコメントは、上限の3GBに達する前は、「カメラアップロードの使用を続けて、もっと多くの記憶領域を獲得しましょう!」となっているが、上限に達すると、「カメラアップロードの使用に対するボーナス」に変わる。

Dropboxの使い方の勘違い
今回Dropboxの容量を他の無料オンラインストレージ並に増やしたが、容量が大きければ大きいほど使いやすいとは限らない。

Dropboxは、同期しているすべてのPCにも同じ容量が必要になるため、大きなファイルを保存した場合、同期しているPCも時間的、物理的なリソースを大きく消費する。有料の大容量契約していて、新しいPCにDropboxアプリを入れて初めて同期する場合、とんでもない時間がかかるはず。

追記:
その後、紹介した友人がDropboxアプリをインストールし、登録してくれたので、ボーナス記憶領域が500MB増え、合わせて6.42GBに。


2012年10月8日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎「qrcode.js」を使って、以前作ったQRコード簡易作成のwebページの欠点を補うQRコード簡易作成(2)を作ってみた。



QRコード簡易作成 (1)は、自分自身が、外出時にQRコードを作成する必要が生じたときに備えるため作ったはずだったが、どうも使いづらく、結局他所のwebサービスを利用する始末だった。
 前回のQRコード簡易作成 (その1)の欠点
  • 英数日本語合わせて34文字までしか格納できない。
  • CSS3の「canvas」で描画していたため、canvasが使えないブラウザは非対応。
  • 同じくcanvasのため、画像ではないので、保存するには、スクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る必要があり、二度手間。

今回の改訂したQRコード簡易作成 (2)では
  • 格納する文字数が大幅に増えた。 ただ、あまり文字数が多いと、携帯やスマートフォンの側の二次元バーコード読み取り精度によっては、エラーになってしまうので、maxlengthで150文字に制限している 。
  • CSS3の「canvas」を使わず描画しているので、対応するブラウザが増えた。
  • 作成されるQRコードは、gif画像なので、デスクトップやフォルダなどへドロップするだけで保存できる。画像を選択して右クリックからの保存も可能。作成されるgif画像のサイズを大きめ(余白を含めて、328px × 328px)に設定してあるので、そのままwebページに貼付けたり、印刷物にも利用できる。

ちなみに、画像編集ソフトなどで、QRコードgif画像をベクター形式に変換しておけばいろいろな使い道に対応できる。

QRコード作成(2)のページは、例によって、このブログの支援サイトに設置した。

今回は、QRコード作成scriptを「qrcode.js」に変更し、一緒に配布されている 文字コードをShift JISに対応させる「qrcode_SJIS.js」を合わせて利用させていただいた。
 「qrcode.js」配布サイトhttp://www.d-project.com/
ライセンスはMITなので、個人、商用とも無料で利用できる。


2012年10月7日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Windows 8 Release Preview に無料のソフトを使って、従来風のスタートボタン、スタートメニューを追加してみた。



Windows 8では、従来の「スタートメニュー」から「スタート画面」(当初" Metoro "と呼ばれていたタイル形式画面)へと変わった。この「スタート画面」だけですべて完結させるのかと思えば、従来のようなデスクトップ画面も存在する。

スマートフォンやタブレットを強く意識した「スタート画面」とデスクトップPCやノートPCを意識した「デスクトップ画面」が共存するだけでも画面スペースの無駄遣いだと思うが、加えてアプリケーションの切り替えでは、「スタート画面」と「デスクトップ画面」を行き来しなければならない。どちらかを一方のみの表示に固定できるようなカスタマイズ機能がほしいところだが、今のところそれはない。

10月26日の正式版のリリースでは、どうなるのか分からないが、とりあえずノートPC(Boot CampでMac Bookに入っている)で、シャットダウンするときに画面右下をまさぐる動作が非スマートすぎるので、従来風の「スタートボタン」、「スタートメニュー」を追加してみることにした。正式版でも今のRelease Previewと変わらない場合の予行を兼ねて。

「スタートボタン」、「スタートメニュー」を追加
以前からネットの一部で話題になっていたフリーソフトの「Classic Shell」がWindows 8に対応したらしいので、これを利用させてもらうことにした。

このソフトは、「スタートボタン」、「スタートメニュー」を追加したり、ExplorerやIE9の表示などをクラシック(従来風)な雰囲気にカスタマイズできるようにしてくれる。

現在の最新バージョン3.6.1で、開発元のサイト(SourceForge)から入手できるが、英語版なので、「電机本舗」が配布されている日本語化した「Classic Shell」をダウンロードさせていただいた。

インストールはごく短時間で済む。起動して、追加する「スタートメニュー」を「Classic」(2000以前)、「XP」、「Vista/7」の形式から選ぶ。「スタートメニュー」の開き方によるスタイルの違いやスキンもカスタマイズできる。

スキンの選択

Explorerの画面スタイルも「XP クラシック」、「XP シンプル」、「Vista」から選べる。

追加された「スタートボタン」

「スタートボタン」をクリックして、実際に「スタートメニュー」を表示させたところ。

「スタートボタン」を右クリックで「Classic Shell」自身の設定や終了もできる。

無料ソフト「Classic Shell」の入手
・「Classic Shell」のオリジナル(英語版)ダウンロード:
http://classicshell.sourceforge.net/
・「Classic Shell」の電机本舗版(日本語版)ダウンロード:
http://www.dnki.co.jp/content/view/145/1/


2012年10月5日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ Android向けの「Google日本語入力」がアップデート、ローマ字入力に特化した新しいキー配列「Godanキーボード」が追加されたので試してみた。



自動アップデートにはしていないので、手動で今までのバージョン1.5.1155.3から、今回の 1.6.1209.3にアップデート 。

早速、ローマ字入力に特化した新しいキー配列の「Godan」を試 してみた。

キーボードの主要なキーは真ん中に集中していて、指の移動の範囲が狭く、無駄な動きが少ないので早く打てる。7インチのタブレットの場合は、両手持ちで、左手親指で母音、右手親指で子音という使い方もできた。

QWERTY配列に比べると、キーの数がかなり減った。濁音、半濁音はどうするのかと思ったら、濁音、半濁音なしで、入力すれば、候補に濁音、半濁音付きのものも候補に出てくる。例えば、「がんばれ」と入力したい場合、「かんはれ」と入力して、「頑張れ」や「がんばれ」、「ガンバレ」などが候補に出てくる。

もちろん、各子音のキーをフリックすれば、濁音、半濁音を直に入力することもできる。フリックの際、キーは指で隠れてしまうことが多いので、明確にキーの上に表示される仕組みになっている。下画像の左は「K」を右フリック、右は「H」を上フリックしたところ。

キャ、キュ、きょなどの拗音のひらがな小文字を入力する場合も、「K」+「Y」+「A」などと打てば候補が出てくる。

「フォ」などと入れる場合は、「H」+「U」+「O」+「大⇔小」をタップ、もしくは「H」を上フリック→「F」+「O」で入力できる。

「ー(長音符)」の入力は「M」右フリック。句点「。」は、「R」左フリック。読点「、」は、「R」下フリック。スペースは独立した「スペース」キーをタップ。 

数字は、薄い文字色で見にくいが、下画像の範囲(携帯などと同じく 1〜9と0)のキーを下フリックで入力できる。

ちょっと気になったのは、文章修正などで、「が」とか「ざ」の平仮名を単独で入力したいとき、「か」、「さ」と打っただけでは候補に出てこない。「K」や「S」を右フリックで「G」、「Z」にしてことなきを得た。また、濁音は「大⇔小」右フリックで、半濁音は、「大⇔小」左フリックで出すこともできる。一度出しておけば、次回からは「か」、「さ」と打つだけで出てくる。

全体的には、変換候補の数が絞られ、語句によっては大幅に少なくなった。これは、濁音、半濁音付きの場合の変換候補を追加するための措置かもしれないが、「とうきょう」と入力して、候補にあまり聞いたことのない字句が並ぶのに「東京都」が出てこないなど、ちぐはぐな面もある。

また、「きようかいせ」と入力すると、変換候補に「境界線上のホライゾン」とアニメタイトルが出てくるあたり、トレンドな言葉にはぬかりない面もうかがえる。  

以前から、修正の際のカーソルの位置合せが気持ち良くできなかったが、アップデート後に更にやりにくくなった気がする(Catchアプリなどで特に)。タップするととんでもない所へ飛んたり、ずれたカーソルをドラッグしてもすんなり目的箇所に移動してくれない。

このカーソル位置を微調整してくれる矢印キーがついたのはありがたい。入力済みの部分で、PCと同様に左右の矢印キーを使って、左右に1文字ずつカーソルを移動できる。

また、キーをホールドすれば、キーフリックのときと同様、ホールドしているカーソルキーを上に表示して、高速に移動する。

最初の印象はケータイ配列のままローマ字入力に変えただけのように見えたこの「Godan」だが、実際に使ってみると、思っていたよりもはるかに使いやすい。

対応はAndroid2.1以上。

Google Play「Google日本語入力」: