Subscribe Twitter

2011年12月31日土曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ Googleロゴが大晦日のイラストに。いろいろな出来事があった2011年が終わる。



大晦日(おおみそか)の「みそか」は「三十日」のことで、月の最後の日を指していたものが、やがて月の最後の日を文字ではなく音の「みそか」と呼ぶようになり、三十一日も月の最後の日ということで「みそか」に。

そして年の最後の月の最後の日ということで「大」が付くようになった、というあたりが、「おおみそか」の由来。日本語の語源を調べていると、こういったアバウトさが目につくが、嫌いではない。

「みそか」にあてる文字「晦日」は、月の輝いている部分の見え方を表す月相(英語では、moon phase)からきている。

月相は、隠れていた月が現れる「朔」(新月)から始まり、「弦」(上弦)、「望」(満月)、「弦」(下弦)、約三十日で月が隠れる「晦」に至る。このことから「晦日」が「みそか」にあてられる。

月が隠れる「晦」の日は、月隠り(つきごもり)とも呼ばれ、それから転じて「晦日」は「つごもり」の訓もある。大晦日が「おおつごもり」とも呼ばれることの由来。

月について書いていると、なぜか藤原道長の望月の歌を思い出す。
『この世をば わが世とぞ思ふ もちづき(望月)の かけたることも なしと思へば』

2012年は良い年になりますように。


2011年12月30日金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ 使用も再配布も無料で自由にできるオープンソースのオフィススイート「LibreOffice」をMac OS10.7とMac OS10.4に入れてみた(10.4の日本語化では大汗)。


LibreOfficeは「リブレオフィス」と読み、自由でかつオープンソースのオフィススイート。

Windows、Mac、Linux を始めとする多くのプラットフォームで動作する。Mac版の対応は、Mac OS10.4以上(Intel版、PowerPC版がそれぞれ用意されている)。

英語版の起動画面
LibreOfficeをリリースしているのは、OpenOffice.orgの開発コミュニティから独立して設立されたThe Document Foundation。OpenOffice.orgのソフトをバージョン番号を含めてそのまま引き継いだ実質的な後継ソフト。

日本語版の起動画面
Writer(MS OfficeのWordに相当)、Calc(MS OfficeのExcelに相当)、Impress(MS OfficeのPowerPointに相当)、Draw(画像作成ドローソフト)、Math(MS OfficeのAccessに相当)、Base(数式エディターソフト)の6つのアプリケーションで構成されている。

使用も再配布も無料なので、何台にでもインストールできるし、使用に関して
The Document Foundationからの保証は一切ないが、メーリングリストやフォーラムを通してサポートやドキュメンテーションを無償で得ることもできる。

とりあえずMac OSに入れてみた
メインで使っているMac BookにはMS Officeが入っているが、出先に持っていって使うケースが多いもう1台のMac Book(Mac OS 10.4)や、Mac Book Air(Mac OS 10.7)にはOfficeが入っていない。デザイン関係の出先でOfficeファイルを扱うことは少ないが、一般のクライアントを訪問すると、Officeファイルに遭遇する機会が格段にアップする。そこで無料で使えるLibreOfficeを入れておくことにした。

Mac Book Air(Mac OS 10.7)の場合:
最新のLibO_3.4.4_MacOS_x86_install_en-US.dmgをダウンロード、ダブルクリックして展開。
dmgの扱い方の詳細についてはこちら

LibreOffice.appをアプリケーションアイコンにドラッグしてインストール。このままでは英語版なので、日本語化する。LibreOfficeが起動していたら終了させ、ダウンロードしておいたLibO_3.4.4_MacOS_x86_langpack_ja.dmgを同じく展開して、日本語化するためのLibreOffice Lnguage Pack.appをダブルクリック、表示されるダイアログで「インストール」をクリック、少ししてインストール完了のダイアログがでるので、「はい」をクリック、LibreOfficeを起動させれば日本語化されている。

Mac Book (Mac OS 10.4)の場合:
Mac OS 10.7がリリースされて、Mac OS 10.4のレガシーさがより際立ち、対応アプリが少なくなっているのが現状だが、幸いLibreOfficeの最新バージョンは、 Mac OS10.4にも対応しているので、Mac OS 10.7の場合と同じようにインストールできる。

しかし、日本語化するためのLibreOffice Lnguage Pack.appが非対応なのか、立ち上がらない。一度LibreOfficeをアンインストールして、ひとつ前のバージョン3.3.4でも試してみたが、同じくLibreOffice Lnguage Pack.appが起動できない(私の環境だけかもしれないが)。

英語版として使うことに問題はないが、WriterやCalcで日本語版が使えないのはちょっと辛い。
そこで、手動でLibreOffice Lnguage Pack.app内の日本語化ファイルをLibreOffice,appに入れてみることにした。

再度インストールし直したLibreOffice,app(3.4.4)本体を(起動せず、起動していたら終了しておく)右クリックから[パッケージの内容を表示]を選択、「Contents」というフォルダが現れるのでこれを開いておく。

同様に日本語パックのLibreOffice Lnguage Pack.app(3.4.4)を右クリックから[パッケージの内容を表示]を選択、こちらも「Contents」というフォルダが現れるのでこれを開く。

開いた中に「tarball.tar.bz2」という圧縮ファイルがあるので、これをoption + ドラッグしてどこかにコピーしておく。そしてStuffIt Expander.appなどを使って解凍する(「tarball.tar.bz2」をコピーせずそのまま解凍してもかまわないが、同名ファイルに混乱しないよう保存先を明確にしておくため)。

解凍すると、同じく「Contents」フォルダが現れる。
混乱を防ぐため、元の日本語化するためのLibreOffice Lnguage Pack.appのほうの「Contents」フォルダは閉じておく。

解凍して出てきた「Contents」フォルダを開くと、「basis-link」、「Resources」、「share」の3つのフォルダがある。

最初に開いておいたLibreOffice,app本体のほうの「Contents」フォルダから対応するフォルダ名を探し、日本語化ファイルを入れていく。

以下赤色が「tarball.tar.bz2」のフォルダやファイル。青色がLibreOffice,app本体のフォルダ。
  • 「Contents」→「basis-link」→「help」→「ja」フォルダを、「Contents」→「basis-link」→「help」フォルダへコピー。
  • 「Contents」→「basis-link」→「program」→「resource」フォルダの中の全ファイルを、「Contents」→「basis-link」→「program」→「resource」フォルダへコピー。
  • 「Contents」→「basis-link」→「readmes」フォルダの中の「README_ja」ファイルを、「Contents」→「basis-link」→「readmes」フォルダへコピー。
  • 「Contents」→「basis-link」→「share」→「autotext」→「ja」フォルダを、「Contents」→「basis-link」→「share」→「autotext」フォルダへコピー。
  • 「Contents」→「basis-link」→「share」→「registry」フォルダの中の→「Langpack-ja.xcd」ファイルと「res」フォルダを、「Contents」→「basis-link」→「share」→「registry」フォルダへコピー。
  • 「Contents」→「basis-link」→「share」→「samples」→「ja」フォルダを、「Contents」→「basis-link」→「share」→「samples」フォルダへコピー。
  • 「Contents」→「basis-link」→「share」→「template」→「ja」フォルダを、「Contents」→「basis-link」→「share」→「template」フォルダへコピー。
  • 「Contents」→「basis-link」→「share」→「wordbook」→「ja」フォルダを、「Contents」→「basis-link」→「share」→「wordbook」フォルダへコピー。

以上のコピーが終わったら、LibreOffice,app本体を起動、無事に日本語化される(はず)。

手動で日本語化する場合、コピーするファイルが多いので、失敗したときのために、元のdmgファイルを削除せず残しておくことを推奨。

LibreOffice.app本体のインストーラと日本語パックのダウンロードは以下から。 
LibreOffice日本語ホーム:http://ja.libreoffice.org/



2011年12月24日土曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ 12月23日のGoogleロゴは「ホリデーシーズン」というタイトルの画像のみだったが、今日24日クリスマスイブのGoogleロゴは、「ジングルベル」が流れる。


12月23日のGoogleロゴはイルミネーション風の画像で、クリックすると「ホリデーシーズン」の検索結果が出た。

アメリカにおける「ホリデーシーズン」とは、11月末のサンクスギビングデー(感謝祭)から新年までの期間のことを指すが、日本では天皇誕生日の23日から年末休暇のシーズンが始まることを指す?と勝手に解釈。

そのロゴが今日今日24日クリスマスイブになって、変更された。


ロゴの下の6つの四角をクリックすると、画面が暗転。23日のロゴと同じイルミネーション風の画像の雪、サンタクロース、ベル、雪だるま、ろうそく、プレゼントに音とともにひとつずつ替わっていき…


すべてをクリックすると、「ジングルベル」が流れる動画に変わる。


せっかくなので、「ジングルベル」を最後まで演奏してほしかった。

この動画が出るGoogleロゴは、Googleホームから見ることができる。Googleホームの背景画像をカスタマイズしている場合は、Googleロゴの右上に赤、青、緑、黄色の4つ円が出ているのでそれをクリックすると、動画が出るGoogleロゴに移動する。

ちなみに、検索結果に移動した後や iGoogle の検索窓左側にあるミニGoogleロゴにオンマウスすると「ハッピーホリデー」のタイトルが出る。


2011年12月18日日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ [ 追記 ] 寒いと思ったら、Googleの検索結果にまで初雪!? 検索窓に「let it snow」とタイプして検索すると画面に雪が降る。


Googleのイースターエッグのひとつ。検索窓に「let it snow」とタイプして検索すると検索結果の画面に雪が振り出し、画面を窓ガラスにみたてて、次第に凍てついて曇ってくる。

ほとんど曇って何も見えなくなる頃、検索ボタンだったところが「Defrost(解凍する)」ボタンにかわる。

曇った画面でマウスを動かすと、曇りガラスを指でこすったように曇りがとれる。なかなか芸が細かい。もとに戻すには、「Defrost」ボタンをクリック。

このイースターエッグの動作環境
  • Mac OSX 10.4 (○)Firefox 3.6.24 (×)Safari 4.1.3
  • Mac OSX 10.5 (○)Firefox 3.0.10 (○)Firefox 8.0.1 (○)Safari 5.0.6 (○)Google Chrome 16.0.912.63
  • Mac OSX 10.6 (○)Firefox 5.0 (○)Firefox 8.0.1 (○)Safari 5.1.2 (○)Google Chrome 15.0.874.121 (○)Google Chrome 16.0.912.63
  • Mac OSX 10.7 (○)Firefox 7.0.1 (○)Firefox 8.0.1 (○)Safari 5.1.2 (○)Google Chrome 16.0.912.63 ※Mac OSX 10.7のSafariで出ない場合、左側の「画像」などをクリックすると出てくる。
  • Windows 7 (○)Firefox 8.0.1 (○)Google Chrome 15.0.874.121(○)Safari 5.0.5(×)Internet Explorer 9
  • Windows Vista (○)Firefox 4.0.1 (○)Firefox 7.0.1(○)Google Chrome 15.0.874.120 (○)Safari 5.1(×)Internet Explorer 8
  • Windows XP (○)Firefox 3.6.18 (○)Google Chrome 15.0.874.120(○)Safari 5.0.2(×)Internet Explorer 7

トップヒットのYou Tube映像は、「Dean Martin - Let it Snow!」

Dean Martin - Let it Snow!


ちなみに私がjQueryプラグインで作った雪の降る画像ページはこちら「西新宿の街に雪が舞う」
BGM用に「Adamo - 雪が降る」をエンベッド。


[ 追記 ]
YouTubeでも検索窓に「let it snow」とタイプして検索すると、画面に雪が降る。ただし、画面は曇らない。こちらはMac OSX 10.4のSafari 4.1.3でも表示される。


2011年12月14日水曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ Yahoo Japanが13日にリリースした災害情報をプッシュ通知してくれる無料のiPhoneアプリ「防災速報」を試してみた。


設定した地域の地震情報、台風などによる豪雨予報、津波予報などをプッシュ通知してくれるアプリ。

プッシュ通知なので、アプリを起動していなくてもロック画面に表示して知らせてくれる。

例によって、iPod touchに入れてみた。インストールして最初に起動すると、プッシュ通知を許可するか聞かれる。ここで許可しないとこのアプリは意味をなさない。プッシュ通知以外の情報表示などの機能を持ち合わせていないので。

次に受け取りたい情報の地域(町名何丁目まで)を設定する。この設定は、3箇所まで設定できる。

・地震情報の設定
全国で発生した地震すべてで、震度5弱以上、震度4以上、震度3以上、オフに設定できる。初期値は震度5弱以上。

注意したいのは、設定した地域の震度情報を通知するのではなく、全国一律の情報が通知される点。あくまで気象庁の地震情報であって、緊急地震速報ではない。指定した地域の緊急地震速報を知らせてほしい場合は、「ゆれくるコール」などの緊急地震速報アプリのほうが適している。

また、Yahoo Japanのwebサイトで、地震のメール通知などを設定している場合でも、このアプリと連動していないので再度設定が必要。というかこのアプリは、Yahoo IDによるログインは不要で使えるもの。

・豪雨予報
設定した地域に激しい雨が降る予報を知らせてくれる。
80mm/h以上(猛烈な雨)、50mm/h以上(非常に激しい雨)、30mm/h以上(激しい雨)、20mm/h以上(どしゃ降り)に設定できる。初期値は30mm/h以上。

・津波予報
全国で津波警報・注意報が発表・解除された場合。設定した地域に限らず、全国一律の情報が通知される。津波予報の設定は、オンかオフのみ。初期値はオン。

・電力使用状況
設定した地域の電力会社における電力使用率が97%以上となった場合。電力使用状況の設定は、オンかオフのみ。初期値はオン。

・計画停電
設定した地域の電力会社から計画停電実施のお知らせがあった場合。計画停電の設定は、オンかオフのみ。初期値はオン。

各種災害速報をこのアプリ一つで一元管理しようと思ったが、ちょっと内容が稀薄すぎて期待はずれ。「速報」というネーミングも今の機能ではいかがなものか。今後の機能充実に期待したい。

利用条件: iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要。無料。


2011年12月13日火曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ 後世に大震災の記録を継承し、記憶を風化させないため、Googleデジタルアーカイブプロジェクトによる震災の爪あとを記録したパノラマ写真が公開された。


Google マップ「未来へのキオク」特設サイト上で見ることができる。

多くのユーザーの要望に応えたかたちで、震災前にストリートビューが撮影されていた地域においては、それを合わせて表示している。震災の前後の様子を比較して震災の凄まじさを確認できる。



特設サイト上の場合、[震災前](緑色)、[震災後](青色)のタブを切り替えることで比較できる。
 Google マップでは、震災後のストリートビュー表示して、震災前の画像がある場合には、「未来へのキオク」へのリンクがストリートビュー画面の左上に表示される(右画像)。

また、歴史的な資料として活用することを想定して、ストリートビュー画面の右下に撮影年月が表示されるようになった(震災被害にあった地域以外のストリートビュー画面にも撮影年月は表示されている)。

ストリートビューデジタルアーカイブプロジェクトをみることができる地域
以下Google Japan Blogから引用

下記の 6 県 82 市町村。(* が付いている市町村は今回新しく撮影・公開された地域)

青森県(3 市町村) 
八戸市*、青森市*、三戸郡階上町

山形県 (13 市町村)
舟形町、村山市、上山市、天童市、南陽市、最上町、東根市、新庄市、小国町、米沢市、尾花沢市、高畠町、山形市

岩手県(21 市町村)
盛岡市*、奥州市*、大船渡市*、北上市*、釜石市*、宮古市*、陸前高田市*、一関市、遠野市*、花巻市*、下閉伊郡(普代村*、岩泉町*、田野畑村*、山田町*)、岩手郡滝沢村*、気仙郡住田町*、九戸郡洋野町*、紫波郡矢巾町*、上閉伊郡大槌町*、西磐井郡平泉町*、胆沢郡金ケ崎町*

宮城県(32 市町村)
仙台市、石巻市、大崎市、登米市、気仙沼市、名取市、東松島市、岩沼市、多賀城市、栗原市、塩竈市、角田市、白石市、丸森町、涌谷町、女川町、加美町、色麻町、七ヶ宿町、蔵王町、利府町、松島町、七ヶ浜町、大和町、富谷町、大衡村、大郷町、村田町、柴田町、大河原町、南三陸町、亘理町、山元町

福島県(12 市町村)
いわき市、白河市*、郡山市、福島市、相馬市*、石川郡*(古殿町*、石川町*、浅川町*)、相馬郡新地町、東白川郡*(鮫川村*、棚倉町*、塙町*

茨城県 1 市町村)
ひたちなか市*


「未来へのキオク」特設サイト:http://www.miraikioku.com/streetview/


2011年12月12日月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ ニコニコ静画(電子書籍)サイトにおいて、集英社の漫画雑誌「ジャンプ改」の中から、話題の8タイトルの第1話目が期間限定で無料配信されている。「ニコニコ静画」その(2)。


「ジャンプ改」は、2011年6月に集英社から週刊ヤングジャンプの増刊という位置づけで創刊された月刊漫画雑誌。コンセプトは「純粋マンガ誌」。

ニコニコ静画(電子書籍)サイトにおいて、「ジャンプ改」の中から、話題の8タイトルの第1話目が期間限定で無料配信されている。


ジャンプ改編集部のコメント:
「シャーマンキング」復活が話題となり全国で完売店が続出!! 皆さんの応援に感謝して話題の8タイトル第1話目を期間限定無料配信!!

期間は
2011年12月9日(金)~2012年1月31日(火)23:59 

配信作品(8タイトル)
87CLOCKERS
ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々
ウイナーズサークルへようこそ
予告犯
私は利休
H・E The HUNT for ENERGY
犯罪王ポポネポ
オッドアイ少年

「ニコニコ動画」のアカウントでログインすれば、無料で見ることができる。

ジャンプ改 - ニコニコ静画(電子書籍)http://seiga.nicovideo.jp/watch/bk1080
このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ 今日のGoogleロゴは、インテルの創業者の1人であるロバート ノイス生誕84周年を祝う集積回路のイラストになっている。


今日12月12日は、ロバート・ノートン・ノイス(Robert Norton Noyce)の誕生日。1927年12月12日生まれ、1990年6月3日没 。

インテル(1968年創業)の共同創業者の1人、the Mayor of Silicon Valley(シリコンバレーの主)と呼ばれる。

ジャック・キルビーと並んで集積回路を発明したことでも有名。

アメリカ歴代大統領から、表彰されるなど、生涯に多くの技術部門の賞を受けている。

インテル本社ビルは今でもロバート・ノイス・ビルと名付けられているらしい。

2011年12月10日土曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ [ 追記 ] 昨日(9日)から、Google マップが「交通状況」に対応したらしいので、確認してみた。


自分では運転しないが、たまに急いで原稿を届けたくて、タクシーを使うことがある。そんなとき、渋滞に巻き込まれ、数m進んではしばらく停まるを繰り返し、「運転手さんに別なルートを伝えればよかったか」とか「少し遅れても電車を使うべきだったか」と後悔した経験は少なくない。

ということで、Google マップ日本版が「交通状況」に対応してくれたことは喜ばしい。

MacのSafariでGoogle マップを表示し、右上のレイヤーから「交通状況」を選択すると、4色に分けられた交通状況を確認できる。

最も渋滞している箇所は、赤字に黒の破線に、その次が薄いオレンジ黄緑の順。

左下「交通状況を表示する」の[変更]を選択し、曜日や時刻を設定すれば、その時間帯の典型的な交通状況も確認できる。
ちなみに今回試してみたのは、Mac OS10.4.11のSafari4.1.3で、最近のiGoogleに接続すると、他のOSのモダンブラウザに比べてデザインの違いが出てしまう古いバージョンだが、「交通状況」は問題なく表示された。同じOSのFirefox3.6.24も同様に問題なかった。


また、でかけるとき、いつも持ち歩いているiPod touchの「Google マップ」アプリでも、「渋滞状況を表示」で同様に確認できる。さらに、[経路]で目的地までの到着時間を交通状況に応じて計算してくれる。

同じく持ち歩いている7インチのAndroidタブレットのほうが、見やすいはずなので、こちらでも確認しようとしたが、アップデートした「Google マップ」アプリを起動して、ちょっと操作していると、Androidシステムが再起動してしまう不具合が発生、残念ながら「交通状況を表示」どころか「Google マップ」アプリそのものが使えなくなった。ちなみにAndroidのバージョンは、2.3.4。
ブラウザからGoogle マップを表示し、「交通状況を表示」で、確認することはできる。


追記:
不具合のあったAndroidタブレットの「Google マップ」アプリだが、その後、「ストリートビュー」アプリのアップデートをアンインストール、同じくデータを消去、「Google マップ」アプリのアップデートをアンインストールして、バージョン5.8.0に戻すなどしたところ、無事に起動するようになった。「交通状況」は、画面の上部、「レイヤ」アイコンから「渋滞状況」をタップ。予想していたとおり、交通状況はとても見やすい。


2011年12月8日木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉ zipなどのアーカイブを解凍してくれる無料のiPhoneアプリ「iUnarchive Lite」を試してみた。


「iUnarchive Lite」は、zipやrarといった圧縮ファイルをiPhoneやiPod touch、iPadの中で解凍してくれるアプリ。

対応する圧縮ファイル形式はzip、rar、7-zip、tar、gzip、bz2/BZip2、LhA、StuffIt 。
このうち、以前はMacの定番だったStuffIt 形式は、sitもsitxにも対応している。

解凍する前に、圧縮ファイルを取得する手段が必要だが、「iUnarchive Lite」の場合は、DropboxやBox.netなどのクラウドに置かれたファイルとメール添付のファイルに対応している。

他にもwebページに置かれたファイルもダウンロードして解凍可能。

クラウドは、Mobile Me iDisk、Dropbox、Box.net、Google Docs、その他 WebDAVで接続できるサーバー。

メールは、Mobile Me、Gmail、Yahoo!メール、Hotmail、その他 IMAP、POP3のメール。

また、解凍後に中身のファイルを「iUnarchive Lite」アプリ内で開いて確認できる。

開くことができるファイル形式は、画像のJPG、PNG、GIF、Word書類のXLS、DOC、PPT、リッチテキストのRTFや、汎用性の高いPDF、Mac iWorkのPages、Number、Keynoteなどの形式やその他のテキストファイル。

さらにシンタックスハイライトされたプログラム言語のソースファイルにも対応している。C、H、CPP、HPP、CS、HTML、CSS、JS、Java、PHP、PY、RB、SQL、XML、XSL、WSDLなど。



実際に試してみた

  • Box.netにテスト用に画像を圧縮したzipを置き、「iUnarchive Lite」内で、Box.netのID、パスワードを登録、Box.netに接続して、目的のzipを「iUnarchive Lite」の「My Files」に取り込み、解凍、無事に画像が表示された(右のアヒルの画像)。
  • 次に、リッチテキストをsitx形式に圧縮し、メール添付して送信。受け取り側のメールアカウントを「iUnarchive Lite」に登録、メールサーバーに接続して、「inbox」を選択すると、添付されたファイルのみを表示してくれる。その中から目的のsitxを選び出し、「iUnarchive Lite」の「My Files」に取り込み、解凍、無事にリッチテキストが表示された。

アプリは日本語に対応していないが、簡単な英語だけなので特に問題は感じなかった。また、入れ子にしてダブルに圧縮したアーカイブにも対応している。

利用条件:iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要。無料。